真面目に効率的に0から資産を増やす方法

安全安心確実に資産を増やす方法をお伝えします

乳製品

ヤクルトやミルミルでダイエットは可能か?【腸内細菌叢が変わる】

投稿日:2019年10月23日 更新日:

ヤクルトとダイエット

ヤクルトの主力製品と言えば、ヤクルトです。

また「ミルミル」という商品が2005年以来14年ぶりに復活し、CMが頻繁に行われるようになりました。

果たしてこのヤクルトとミルミルはダイエットに適した食品なのか、また適しているならその理由は何なのか?

まとめて記事にしました。

ヤクルトとミルミルはカロリー高いけどダイエットできるの?

ヤクルトの主力製品であるヤクルトとミルミル。

ヤクルトの乳製品はダイエットに適しているという噂をSNSで聞き、果たして本当なのかと思い調査をしてみました。

実はヤクルトとミルミルは、カロリーが思ったより高いんです。

概要を表にしてみました。

商品名 菌の種類 カロリー 内容量 値段(税別)
NEWヤクルト 乳酸菌シロタ株 50kcal 65ml 40円
NEWヤクルトカロリーハーフ 乳酸菌シロタ株 25kcal 65ml 40円
ミルミル ビフィズス菌BY株 88kcal 100ml 100円
ミルミルS ビフィズス菌BY株 49kcal 100ml 100円

「NEWヤクルト」と「NEWヤクルトカロリーハーフ」はスーパーなどでよく見かけるスタンダードな商品です。

「ミルミル」も同様にスーパーなどで販売されている商品ですが、「ミルミルS」は宅配専用商品なのでヤクルトレディから購入するしかありません。

「NEWヤクルト」と「ミルミル」はそれぞれカロリーが50kcal、88kcalであり、コカ・コーラが100mlで46kcalであることを考えると、内容量65mlの割にはカロリーが高いと言えるでしょう。

一方で「NEWヤクルトカロリーハーフ」は25kcal、宅配専用の「ミルミルS」は49kcalとカロリーが抑えられるので、ダイエット目的でヤクルトやミルミルを摂取する場合はNEWヤクルトカロリーハーフまたはミルミルSを選びましょう

ミルミルとヤクルトでダイエットするための前知識

ヤクルトとミルミルの摂取カロリーはこのように高いので、カロリー面に焦点を当てるとダイエットに適した商品とは言えません。

実はヤクルトとミルミルを摂取することがダイエットに適していると考えられるのは、それぞれに含まれる菌(乳酸菌とビフィズス菌)の働き方なのです。

腸内細菌の種類と分類

ヤクルトとミルミルが我々の体内でどのように働くかを理解するには、まず腸内細菌の種類についてお話をしておかないといけません。

人間の体内に存在している腸内細菌は数百種類を超え、その数を合計すると100兆個程度あると言われています。

膨大な数の細菌が腸内に存在しているのですが、その細菌を分類すれば人間の体重に影響を及ぼす菌が見えてきます。

細菌を含む生物の分類は次のように大きな区分から小さな区分へと細分化していきます。

ドメイン→界→→網→目→科→属→種

例えば人間の場合は次のように細分化していきます。

真核生物(ドメイン)→動物界(界)→脊索動物門()→(中略)・・→ヒト(種)

人間の体重に影響を与える腸内細菌は主に2種類

腸内細菌を分類すると人間の肥満(ダイエット)に影響を与える「門」は2つに絞ることができ、それは「バクテロイデス門」と「フィルミクテス門(ファーミキューテス門)」です。

日本内科学会雑誌104巻4号「腸内細菌叢と肥満症」によれば「バクテロイデス門」と「フィルミクテス門」の腸内細菌と肥満の関連性が次のように指摘されています。

成人の腸内には「バクテロイデス門」と「フィルミクテス門(ファーミキューテス門)」の細菌が多く存在し、この2つの腸内細菌の働きが人間の肥満(ダイエット)に影響を与えています。

例えばバクテロイデス門の細菌が体内の食物を分解すると、短鎖脂肪酸が生産されます。

短鎖脂肪酸が増えると体内の肥満細胞は脂肪の取り込みをやめるため、結果的に体重増加を抑制する働きをします。

また短鎖脂肪酸は間接的に胃腸の動きを緩やかにするため満腹感を得られやすくなり、結果として食事量を減らす効果があります。

つまりバクテロイデス門の細菌は次の作用により人の体重を減らす働きを示します。

  • 肥満細胞の脂肪取り込みを抑制
  • 満腹感を得られやすくなり食事量が減る

一方でフィルミクテス門の細菌は食事から多くのエネルギーを吸収し脂肪を蓄積しやすい体質になるため、フィルミクテス門が優位の腸内環境は肥満を誘発すると言われています。

実際に肥満の人ではフィルミクテス門の細菌が多く、バクテロイデス門の細菌が少ないことが研究により明らかとなっています。

腸内細菌叢改善はダイエット効果がある

じゃあフィルミクテス門の細菌を減らしてバクテロイデス門の細菌を増やせばダイエットに効果を示すかと言えばそう簡単な話ではありません。

腸内細菌叢と肥満症の研究によると両者の関係は次のような解釈が正しいとされています。

肥満者に特定の腸内細菌が認められるのではなく、腸内細菌叢の全体の多様性が肥満者では減じていると解釈するのが正しいようである。

引用元:日本内科学会雑誌104巻4号「腸内細菌叢と肥満症」

ヤクルトとミルミルはダイエットに向いているのか?

腸内細菌叢の改善はダイエットに繋がりそうだということがわかりました。

では最も知りたかったヤクルトとミルミルはどのようなメカニズムでダイエットに関与するのでしょうか?

腸内細菌叢の多様性が肥満者では減じているという話がありましたが、「腸内細菌叢」という言葉は近年「腸内フローラ」という言葉で広く知れ渡っています。

腸内の数百種類の細菌は種類ごとにコロニーを形成し、いわば縄張り争いをしています。

ヤクルトとミルミルにそれぞれ含まれる乳酸菌シロタ株とビフィズス菌BY株には腸内フローラを改善する効果のあることがヤクルトの研究により明らかとなっており、つまりヤクルトとミルミルを摂取すれ腸内細菌叢の改善によりダイエット効果が期待できることが推測できます。

ヤクルトは大企業であり乳酸菌やビフィズス菌にどのような効果があるかを研究しその結果をHP上で公表していますが、ヤクルトとミルミルのダイエットに関する根拠のある研究結果を見つけることはできませんでした。

しかしヤクルトとミルミルが腸内フローラを改善することは確かですので、理屈から言えばヤクルトにはダイエット効果があると考えられます

ヤクルトやミルミルよりさらに効果的な腸内細菌改善ダイエットは?

このようにヤクルトやミルミル、つまり乳酸菌やビフィズス菌を直接摂取して腸内フローラを改善することをプロバイオティクスと呼びますが、腸内細菌の餌を摂取して腸内フローラを改善することをプレバイオティクスと呼びます。

プレバイオティクスとダイエット

日本内科学会雑誌104巻4号「腸内細菌叢と肥満症」では腸内細菌を介した肥満症治療の可能性としてプレバイオティクス、具体的には難消化性オリゴ糖の摂取を紹介しています。

難消化性オリゴ糖はヒトにとって有用な腸内細菌の餌となるため、難消化性オリゴ糖の摂取により腸内フローラが改善します。

肥満マウスに難消化性オリゴ糖を投与すると腸内フローラが変化し、耐糖能障害・肥満の軽減が認められました。

またヒトにおいても難消化性オリゴ糖の投与が血中の脂質や血糖を低下させるなどの効果がいくつかの臨床試験で明らかとなっています。

シンバイオティクスとダイエット

このように肥満軽減効果が認められる難消化性オリゴ糖の摂取(プレバイオティクス)ですが、ヤクルトやミルミルなどの乳酸菌・ビフィズス菌の直接摂取によるプロバイオティクスと組み合わせることで、より効果的に腸内環境を改善することが知られています。

プレバイオティクスとプロバイオティクス、つまり有用な菌の餌と、有用な菌、2つを摂取することをシンバイオティクスと言います。

シンバイオティクスでダイエットを行うための食品

シンバイオティクスの概念は医療現場でも用いられており、近年関心を高めつつある腸内フローラへの消費者の意識とともに、一般家庭にも普及していくのではないかと見込まれています。

このシンバイオティクスを手軽に行う、つまり乳酸菌+難消化性オリゴ糖を手軽に摂取できる食品があります。

楽天市場にあるビューティーエンザイムです。

この商品には乳酸菌と難消化性オリゴ糖であるキシリオリゴ糖が配合されており、摂取すればシンバイオティクスを生活に取り込むことが可能です。

この商品は楽天ランキング3部門で1位を取得しており、1日2粒摂取すれば1か月で3,218円(税込)のコストがかかります。

私は現在NEWヤクルトを1日2本飲んでますので、40円/本×2本×30×税=2,640円を毎月腸内フローラの改善に費やしていますが、ヤクルトを飲むより費用がかかる計算となります。

しかしこちらの公式HPから商品を注文すれば初回864円、2回目以降も2,700円で商品が購入できる(最低3回分購入する必要がありますが)ため、1日2回ヤクルトを飲むのとほぼ同じ金額で腸内フローラを改善することが可能であるためです。

私は痩せ型の体質なのでダイエット目的で腸内フローラを改善しているわけではありませんが、もしダイエットを行う目的で乳酸菌を摂取するのであればビューティーエンザイムを購入していたはずです。

ヤクルトやミルミルでダイエットはできるのか?まとめ

最後にこれまで書いた内容をまとめて記事を〆たいと思います。

  • ヤクルトやミルミルには腸内フローラを改善する働きがある
  • 腸内フローラの改善は肥満(ダイエット)に影響を与える
  • ダイエットに関する研究結果はないが、ヤクルトやミルミルはダイエットに効果があることが推測される
  • 難消化性オリゴ糖は肥満(ダイエット)に対し有効的に働く(プレバイオティクス)
  • プロバイオティクスとプレバイオティクスの組み合わせ(シンバイオティクス)はダイエットに対しより効果的に働く

この記事が参考になれば幸いです。

-乳製品
-

執筆者:たぬ

              

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

R-1ヨーグルト

【効果は4種類】明治プロビオヨーグルトR-1の効果効能は?【論文あり】

この記事では明治プロビオヨーグルトR-1(ドリンク)の効果効能を中心に、効果的な飲み方やどのようなラインナップがあるのかを解説しています。 「早めの対策。続ける対策。」とは何を意味しているのでしょうか …

ヤクルト「ソフール」

【シロタ株が足りない】ヤクルト「ソフール」の効果や成分、カロリーや種類をまとめてみた

この記事ではヤクルトから販売されているヨーグルト「ソフール」の効果・成分・カロリーや種類などについてまとめています。 ヤクルトから販売されている商品といば乳酸菌飲料である「NEWヤクルト」が有名です。 …

ヤクルトとピルクルの違い

ヤクルトとピルクルは似てるけど全然違う!その理由を知りたくない?

ヤクルトとピルクルは同じ乳酸菌飲料であり特定保健用食品です。 じゃあ「どっち飲んでも同じじゃないの?」と思われる方が多いと思いますが違いは間違いなくあります。 ヤクルトとピルクル、何が違うのか記事にし …

タフマン

ヤクルトタフマンの効果、購入方法、マークの謎を解き明かす

タフマン。 名前からして強そうな健康食品であるヤクルトの「タフマン」ですが、飲むとどのような効果が得られるのでしょうか? また購入方法やタフマンにラベルに表記されているマークの意味も解説します。 Co …

ヤクルトとミルミルの併用

ヤクルトとミルミルは一緒に飲むと効果はどうなるの?【ダブル飲用】

ヤクルトが販売しているヤクルトとミルミル、CMでご存じの方は多いと思います。 でも「どっちもお腹に良い商品なんでしょ?」「同時に飲んでも良いの?」 などヤクルトとミルミルの違いを言える人はあまりいませ …


管理人の「たぬ」です。
株式投資・不動産投資・オプション取引をメインに日々最も安全かつ効率的な投資方法を模索しています。

どのように資産を増やしていくのか、具体的手法をお話していきたいと思います。