真面目に効率的に0から資産を増やす方法

安全安心確実に資産を増やす方法をお伝えします

税金

住宅ローン減税の限度額と住民税と所得税の還付金額

投稿日:2018年10月30日 更新日:

赤黒黄の家

住宅ローン控除は、その年の12/31のローン残高の1%が税金(所得税と住民税)から還付される制度です。

しかしながら、どれだけ高い住宅を購入しても無制限に1%が控除されるわけではなく、住宅の種類や還付を受ける人の年収によって控除できる上限が設けられています。

今回はその控除できる上限を解説していきたいと思います。

住宅の種類によって住宅ローン控除の限度額が異なる

新築住宅の長期優良住宅等の場合、控除限度額が50万円となり、新築および中古住宅を取得した場合の控除限度額は40万円となっています。

取得年月日が平成26年1月1日から
平成33年(2021年)12月31日までの新築住宅
控除期間

10年

1~10年目
年末残高等×1%
(控除限度額40万円)
(注) 住宅の取得等が特定取得以外の場合は30万円
取得年月日が平成26年1月1日から
平成33年(2021年)12月31日までの新築住宅(長期優良住宅等)
控除期間

10年

1~10年目
年末残高等×1%
(控除限度額50万円)
(注) 住宅の取得等が特定取得以外の場合は30万円
取得年月日が平成26年1月1日から
平成33年(2021年)12月31日までの中古住宅
控除期間

10年

1~10年目
年末残高等×1%
(控除限度額40万円)
(注) 住宅の取得等が特定取得以外の場合は30万円

詳細については別記事の「住宅ローンとはなにか」を参照お願いします。

住宅ローン減税とは何か、わかりやすく解説

年収(課税所得金額)によっても住宅ローン控除の限度額が変わる

税金(所得税と住民税)から還付される住宅ローン控除ですが、年収(納税額)によっても上限が設けられています。

住宅ローン減税の還付金はまず所得税から還付され、還付しきれなかった(所得税が0円になった)場合、残額が住民税から還付されます。

しかし、住民税が0円になるまで控除されるかと言えばそう単純な話ではなく、住民税の控除枠は、所得税の課税総所得金額の7%または13.65万円のうち小さい方が上限となります。

課税総所得金額とは、課税される前の金額、つまりは給与等の収入から各種控除を引いた金額のことです。

住宅ローン控除の上限=所得税額+課税総所得金額の7%または13.65万円のうち小さい方

ここで恐らく、「課税総所得金額がわからないよ?」となると思います。

別記事で住宅ローン控除限度額がわかるエクセル計算表を配布していますので、自身の控除限度額が知りたい方はそちらを使っていただければ幸いです。

給与収入だけでなく、不動産収入やFXでの収入によっても住宅ローン控除上限額は変化しますが、そういった副業のある方にも対応した計算表となっています。

自動計算機で税金・ふるさと納税限度額・住宅ローン控除限度額を知る

住宅ローン控除の限度額 まとめ

住宅の種類により、住宅ローン減税の限度額は40万円と50万円の2種類ある。

しかしながら、還付を受ける納税者の年収(課税所得)によって、還付を受けられる金額に上限が設けられている。

-税金
-

執筆者:たぬ

              

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

家の査定

新築の固定資産税・都市計画税はいくらになるのかを計算。家屋調査の実態とは?

この記事では新築戸建て住宅を建築した場合、その固定資産税と都市計画税がいくらになるのかを実際に計算し、どのように新築戸建ての固定資産税が決まっていくのかを説明していきます。 実際に市役所の固定資産課の …

電卓と税金

住民税の計算方法をわかりやすく解説

この記事では住民税の計算方法を簡単に理解できるよう、わかりやすく解説していきたいと思います。 サラリーマンと個人事業主、2つにわけて解説をしていますので、どのような働き方をされている方でも役に立つ記事 …

家と通帳

固定資産税と都市計画税はいつから安くなるのか

固定資産税と都市計画税は基本的に建物が劣化していくので、年数を経れば安くなっていきます。 しかしながら、新築住宅の減額措置が切れる年を境に、新築でマンション・戸建てを購入された方の場合は固定資産税が高 …

自動計算機で税金・ふるさと納税限度額・住宅ローン控除限度額を知る

税金(所得税・住民税)とふるさと納税限度額および住宅ローン控除の限度額を計算できるよう、エクセルで計算機を作成しましたので公開します。 この表では、給与収入のみならず不動産所得やFXでの収入など、副業 …

税金講座 さまざまなな控除

この記事では、主に所得税・住民税を計算するにあたって必要となる、控除について説明しています。 所得税と住民税、それぞれで控除の金額は異なりますし、控除の種類も多岐にわたります。 こちらをお読みいただけ …


管理人の「たぬ」です。
株式投資・不動産投資・オプション取引をメインに日々最も安全かつ効率的な投資方法を模索しています。

どのように資産を増やしていくのか、具体的手法をお話していきたいと思います。