真面目に効率的に0から資産を増やす方法

安全安心確実に資産を増やす方法をお伝えします

株式投資

CFDの価格調整額の計算方法|GMOクリック証券よりわかりやすく

投稿日:2019年2月2日 更新日:

価格調整額の決まりかた

この記事では、GMOクリック証券のCFDの価格調整額について解説をしています。

2018年頭あたりから、S&P500などの指数を原資としたCFDの買いから入った場合の価格調整額がマイナスになっています。

公式HPを見てもCFDの価格調整額がどうやって決定するのかわかりにくくありませんか?その計算方法を解説し、価格調整額がマイナスになった理由を解説します。

CFD価格調整額の計算方法

少ない資金で多額の投資を行うレバレッジ投資を、米国株のインデックス指数で行っているのですが、主にGMOクリック証券のCFDを利用しています。

指数を原資とする銘柄は年4回、価格調整があるのですが、その金額が腑に落ちなかったので調べてみました。

CFDの価格調整額とはどのように計算されるのかを解説していきます。

原資産が先物のCFDの価格は何を基準にしているのか

価格調整額については、GMOクリック証券のHPにも解説があります。

GMOクリック証券の解説ページを見ると、「価格調整額は原資産が先物のCFDに発生する調整額です」とあります。

これだけではわからない人も多いと思いますので解説をします。

まず原資産とは、取引するCFDの元となる価格ですね。

例えば米国S500という銘柄を見てみましょう。

米国S500は、米国のS&P500というインデックス指数の先物価格を基準にしています(原資産にしています)。

店頭CFDですので、複数の金融機関から店頭CFD会社(GOMクリック証券)へ、レートの提示(この価格なら取引するよ!という提示)が行われます。

その金額の提示を受けたGMOクリック証券は、我々投資家にそのCFDを「この価格なら売買するよ!」という提示を行います。

金融機関は何を元にレートの提示を行うかというと、S&P500の先物価格を見て(利益を上乗せして)GMOクリック証券に提示します。

GMOクリック証券は、その提示を受けて(利益を上乗せして)投資家に「この金額なら売るよ」という提示を行っているわけです。

つまり投資家目線で見ると、(多少の利益を上乗せされた)先物取引をしているのと同じになるわけです。

CFDの価格調整額はロールオーバーによるもの

先物取引は何月何日に特定の商品をいくらで売買する という約束を取り決めて行う取引です。

ですのでその「何月何日に清算をする」という日が決められており、株価指数などの先物取引の場合は年4回あります。

その年4回到来する取引期限をを限月と言います。

先物と限月とSQ|先物はどれだけ先まで売買できるの?

しかし先物取引は限月が設けられていますが、CFDの取引には限月が設けられていません。

先物を原資にしているなら3か月に1回、価格の清算を行う必要がありますがCFDその必要がありません(長期にわたり投資が可能です)。

GMOクリック証券はどんな魔法を使って清算を回避しているのでしょうか?

実は先物を買い直してているのですね。

例えば3月限月(3月に清算される)先物を持っていたとすると、3月の最終取引日にその先物を売却し、1つ先の先物(この場合は6月限月の先物)を買い直すのです。

(期近の先物を売って期先の先物を買う、このことをロールオーバーと言います。)

買い直しを行う時、例えば3月限月の先物価格よりも6月限月の先物価格よりも高ければ、安いものを売って高いものを買うわけですから、価格調整額はマイナスになります。

逆に3月限月の先物価格よりも6月限月の先物価格の方が安ければ、高いものを売って安いものを買うわけですから、価格調整額はプラスになります。

CFDの価格調整額は金利と利回りとの差額

ここまではGMOクリック証券のHPにも書いてありますね。

HPでは少しわかりにくいかもしれませんが。

本題は、じゃあその価格差はどのように計算されているのかということです。

先物の価格は次の式によって計算できます。

現物価格×{1+(短期金利-配当利回り)×(決済までの期日/365日)}

なぜそのようになるのかは、次の記事を参照お願いします。

先物価格の決まり方を超簡単に解説

話を戻して、価格調整額は短期金利と配当利回りの差によって決まります

もし短期金利が配当金利回りよりも高ければ、価格調整額はマイナスになりますし、逆ならプラスです。

ここで短期金利とはアメリカのFF金利のことを指します。

ご存知かもしれませんが、アメリカは景気が過熱気味であるとの判断から近年政策金利を上げています。

次のグラフはアメリカのFF金利です。

FF金利の推移

2017年頭あたりから、ゼロ金利政策が解消されて段階的に金利が引き上げられています。

一方でS&P500の年間配当利回りは年度によって差が生じますが、概ね1.5~2%程度ですので、FF金利が1.5%を超えたあたりから価格調整額はマイナスになってしまいます。

2年ほど前は政策金利はほとんど0に近い値であったため、買いから入った場合価格調整額は常にプラス、つまりはS&P500の配当金がそのまま価格調整額として手元に入ってきました。

しかし政策金利が上がるにつれて価格調整額も減少し、買いから入った場合は金利の方が配当利回りより高くなってしまったため、現在では価格調整価額を徴収されるようになっています。

次の図はGMOクリック証券のS&P500の価格調整額の推移です。

GMO価格調整額推移

2017年12月から買い方の価格調整額がマイナスになってきているのがわかると思います。

概ね金利の上昇に伴い、価格調整額が減少していっていることがわかります。

金利が0の時にCFDでレバレッジをかけると、手数料0円でレバレッジをかけられさらに2%の配当金ももらえるという非常においしい以外の言葉がない投資方法だったのですが、金利が上昇してくると配当利回りを超え、逆に価格調整額を払わなくてはならないという状況になっているのです。

-株式投資
-

執筆者:たぬ

              

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

SPXLのチャート

SPXLは投資対象になるのか|過去69年の理論値を計算

この記事ではS&P500の1日の動きの3倍の値動きをするSPXLというETFについて解説しています。 SXPLの長期チャートを見ると昇率が半端なく、このETFだけを購入していれば十分に資産が形成できる …

株価チャート

CFDでS&P500にレバレッジをかける投資法は「あり」なのか

この記事では、CFDでS&P500にレバレッジをかけて投資する手法が「あり」なのか「なし」なのかを検証しています。 またCFDで株価指数にレバレッジをかけるなら何倍なのか、その適切な数字も解説していま …

price

先物価格の決まり方を超簡単に解説

この記事では、先物価格の決まり方について解説しています。 先物の価格決定には理論値が存在し、理論値を出すための計算式があります。 短期金利・配当利回り・清算日までの日数が絡むこの計算式ですが、何故その …

税務署の写真

FX・くりっく株365・GMOのCFDにかかる税金と得する納税方法

FX・くりっく株365やGMOクリック証券のCFDなどの差金決済で得た利益および配当に係る税金は雑所得の申告分離課税となり、一律20%が課されます。 また申告分離課税ですので、確定申告が必要となります …

スマホとお金

株と投資信託の税金を解説。通算損益はできるの?

この記事では、株と投資信託の税金について解説をしています。 株や投資信託の税金はどういった形で徴収されるのか、またその仕組みはどのようなものか、そして株と投資信託の利益は相殺できるのか、などについて記 …


管理人の「たぬ」です。
株式投資・不動産投資・オプション取引をメインに日々最も安全かつ効率的な投資方法を模索しています。

どのように資産を増やしていくのか、具体的手法をお話していきたいと思います。