真面目に効率的に0から資産を増やす方法

安全安心確実に資産を増やす方法をお伝えします

会社員 社会保険料計算と節約法

会社員・サラリーマンが4月から6月の間に残業代を貰わなければ、社会保険料を月額いくら節約できるのか?

投稿日:2018年6月24日 更新日:

社会保険料節約

会社員の社会保険料は社会保険料・介護保険料・厚生年金保険料・雇用保険料がありますが、雇用保険料を除く3つの保険料はやり方次第で節約をすることが可能です。

今回の記事では残業代を削ることにより、年間でどれだけの社会保険料を節約できるのかを具体的な例で説明していきます。

サラリーマンの年収別、社会保険料を節約できる額

今までの記事で健康保険料・介護保険料・厚生年金保険料それぞれの仕組みと保険料の計算方法、節約方法を述べてきました。

サラリーマン・会社員の健康保険料がどのように計算されているか、その節約方法をわかりやすく解説

会社員・サラリーマン(40歳以上)のために介護保険料の金額がどのように計算されているのかとその節約方法を解説

サラリーマン・会社員の厚生年金保険料はどのように計算されているのか?その節約方法をわかりやすく解説

節約を行いたいと言う方は是非そちらの記事を参照してください。

3つの社会保険料は、いずれも4月から6月の給料をベースに保険料が決定されることがわかっていただけるかと思います。

そして保険料を節約する方法論としては、いずれも「4月から6月の残業代を調節する」ことが現実的な手段でありました。ある意味、社会保険料を安くするための裏ワザと言ってもよいでしょう。

それでは実際にどの程度の金額分、社会保険料を節約することが可能なのか、検証をしていきたいと思います。

まずは健康保険料・介護保険料・厚生年金保険料の順で

「4~6月に、残業代を3カ月で0・6・12万円それぞれ支給された時、3つの社会保険料それぞれ月額でどのくらい社会保険料の差額が出るのか」

を計算し、

最後に3つの保険料を合算させ

「4~6月の間で、残業代を0・6・12万円分それぞれ支給されると、3つの社会保険料合算で月額社会保険料差額がどれくらいになるのか」

を検証します。

途中でひたすら表を見ながら計算するだけになっていっていますので、「4~6月の残業代と社会保険料の関係性だけ知りたい」という方は最後の項目まで飛んでください。

残業代を調整した場合の、健康保険料・介護保険料の節約額

健康保険料・介護保険料はそれぞれ計算に使用する表(標準報酬月額等級)が同じです。ですので、まずはこの2つの保険料から計算していきましょう。

下の図で色分けさせていただいた表を使用します(表が縦長なので、黒線部分の等級は割愛しています)。

赤色が19.5万~25万円、黄色が29万~35万円、青色が39.4万~48.5万円、それぞれ月収がある場合の健康保険料と介護保険料になります。

健康保険介護保険残業比較

月収19.5~25万円の方の健康保険料・介護保険料と残業代

まずは赤色で囲った、給与が19.5万円~の場合を検証していきましょう。

健康保険介護保険20万

あなたの月収が20万円であった場合(残業を全く行わなかった場合)、報酬月額「195,000~210,000」の範囲に含まれるため、赤色の四角1行目があなたの等級になります。17等級ですね。

健康保険料の自己負担額は9,300円
介護保険料自己負担額は1,500円となります。

仮に4~6月、それぞれ月2万円分の残業代が支給され(3カ月で6万円支給され)給与平均が22万円になったとすると、
等級が17から18に上がります。

健康保険料は10,230円
介護保険料は1,650円となります。

同様に、それぞれ月4万円分の残業代が支給された(3カ月で12万円支給された)とすると、
等級が17から19に上がります。

健康保険料は11,160円
介護保険料は1,800円となります。

月収29~35万円の方の健康保険料・介護保険料と残業代

次に黄色で囲った、給与が月29万円~の場合を検証していきましょう。

健康保険料介護保険料30万

あなたの月収が30万円であった場合(残業を全く行わなかった場合)、報酬月額の範囲「290,000~310,000」に含まれるため、黄色の四角1行目があなたの等級になります。22等級ですね。

健康保険料自己負担額は13,950円
介護保険料自己負担額は2,250円となります。

仮に4~6月、それぞれ月2万円分の残業代が支給され(3カ月で6万円支給され)、給与平均が32万円になったとすると、等級が1あがり23等級になります。

健康保険料自己負担額は14,880円
介護保険料自己負担額は2,400円となります。

同様に、月4万円分の残業代が支給された(3カ月で12万円支給された)とすると、等級が22から24になります。

健康保険料自己負担額は15,810円
介護保険料自己負担額は2,550円となります。

月収39.5万~48.5万円の方の健康保険料・介護保険料と残業代

最後に青色で囲った月収39.5万円~の場合です。

健康保険料介護保険料40万

あなたの給与が月42万円(残業を全く行わなかった場合)の場合、報酬月額の範囲「395,000~425,000」に含まれるため、青色の四角で囲った部分の1行目が該当します。27等級ですね。

健康保険料自己負担額は19,065円
介護保険自己負担額は3,075円となります。

仮に4~6月、それぞれ月2万円分の残業代を得て(3カ月で6万円支給され)、給与平均が44万円になったとすると、等級が1あがり28等級になります。

健康保険料自己負担額は20,460円
介護保険料自己負担額は3,300円となります。

同様に、毎月4万円行ったとすると(3カ月で12万円支給されたとすると)、等級が27から29になります。

健康保険料自己負担額は21,855円
介護保険料自己負担額は3,525円となります。

残業代を調整した場合の、厚生年金保険料の節約額

次に、厚生年金保険料を計算していきたいと思います。厚生年金保険料は、健康保険・介護保険とは少し異なる表を用いますので、別計算となります。下の表で確認していきましょう。

健康保険料・介護保険料と同様に、
それぞれ月収が、赤色20万~、黄色30万~、青色41万~の場合の厚生年金保険料の表になります。

月収20万円の方の厚生年金保険料と残業代

月収20万の場合(残業を全く行わなかった場合)、等級14となります。

月額厚生年金保険料自己負担額は18,300円となります。

仮に4~6月、それぞれ月2万円分の残業代を得て(3カ月で6万円支給され)、給与平均が22万円になったとすると、等級が1あがり15等級になります。

厚生年金保険料自己負担額は20,130円になるのがおわかりいただけるかと思います。

同様に、毎月4万円分残業を行ったとすると(3カ月で12万円支給されたとすると)、等級が14から16になります。

厚生年金保険料自己負担額は21,960円となります。

月収30万円の方の厚生年金保険料と残業代

月収30万の場合(残業を全く行わなかった場合)、等級19となります。

月額厚生年金保険料自己負担額は27,450円となります。

仮に4~6月、それぞれ月2万円分の残業代を得て(3カ月で6万円支給され)、給与平均が32万円になったとすると、等級が1あがり20等級になります。

厚生年金保険料自己負担額は29,280円になるのがおわかりいただけるかと思います。。

同様に、毎月4万円分残業を行ったとすると(3カ月で12万円支給されたとすると)、等級が19から21になります。

厚生年金保険料自己負担額は31,110円となります。

月収42万円の方の厚生年金保険料と残業代

最後に、月収42万の場合(残業を全く行わなかった場合)です。等級は24となります。

月額厚生年金保険料自己負担額は37,515円となります。

仮に4~6月、それぞれ月2万円分の残業代を得て(3カ月で6万円支給され)、給与平均が44万円になったとすると、等級が1あがり25等級になります。

厚生年金保険料自己負担額は40,260円になるのがおわかりいただけるかと思います。

同様に、毎月4万円分残業を行ったとすると(3カ月で12万円支給されたとすると)、等級が24から26になります。

厚生年金保険料自己負担額は43,005円となります。

結局4~6月に残業をしないことによって社会保険料をいくら節約できたのか

さて、以上で月収20万、30万、42万の方がそれぞれ残業代によってどれだけ毎月の社会保険料負担額が増えるか(安くなるか)をご説明いたしました。

しかし、このままではわかりにくいと思いますので、まとめます。

左列が残業を全く行わなかった場合の月額社会保険料額

中央は4~6月に残業代を3カ月で6万円受け取った場合(等級が1つ上がった場合)の月額社会保険料額

右列が同じく4~6月に残業代を3カ月で12万円受け取った場合(等級が2つ上がった場合)の月額社会保険料額になっています。

例えば、月収30万円の方が4月から6月の間に合計6万円の残業を行った場合、残業を行わなかった時に比べて、

46.560円-43,650円=2,910円 毎月社会保険料が増加しているのがわかります。

そして、この社会保険料は1年間継続されるわけですから、例えば月収30万円の方だと、

2,910円×12カ月=34,920円 社会保険料が年間で増加します。

4~6月に残業をしないことにより、この分の社会保険料が節約できることになります。

正確には、本来入ってくるべき残業代も入ってこなくなるため「節約」という言葉を使用してはいけないのかもしれません。しかしながら、次の記事で4~6月に残業代を受け取ると年間で何が得られて何を失うのか、所得税・住民税も加味して考察を行います

そちらをみていただければ、4~6月に残業を行うこで悲しい結果になることがご確認いただけるでしょう。

会社員・サラリーマンが4月から6月に残業代を受け取ることで、社会保険料・税金・残業代の損益(手取り)はどうなるのか考察

-会社員 社会保険料計算と節約法
-, , ,

執筆者:たぬ

              

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

残業と社会保険料と税金

会社員・サラリーマンが4月から6月に残業代を受け取ることで、社会保険料・税金・残業代の損益(手取り)はどうなるのか考察

今回は、会社員が4月~6月に残業代を受け取ることがいかに意味のないことかを解説していきたいと思います。 3カ月の間に残業代を受け取ると、社会保険料と税金の両方が上がることになります。どの程度の残業を行 …

厚生年金保険

サラリーマン・会社員の厚生年金保険料の計算方法と節約方法をわかりやすく解説

今回は、会社員・サラリーマンを対象とした厚生年金保険料の仕組み(計算方法)とその節約方法(安くする方法)を記事にしました。 厚生年金保険料は毎月給料から天引きされる保険料のうち、最も金額が高くなります …

会社員・サラリーマン(40歳以上)のために介護保険料の金額がどのように計算されているのかとその節約方法を解説

今回は40歳以上の方が対象となりますが、介護保険料の計算方法とその節約方法(安くする方法)を書いていきます。 介護保険料は、健康保険料と同じ仕組みで計算されますので両者は同じ理屈で節約をすることが可能 …

健康保険料の計算と節約

サラリーマン・会社員の健康保険料がどのように計算されているか、その節約方法をわかりやすく解説

今回は、会社員が毎月給料から天引きされている健康保険料の金額がどのよに計算されているのか、そしてその節約方法(安くする方法)を記事にしました。 健康保険制度は相互扶助を目的としており、給料に応じた保険 …

年収と社会保険料

サラリーマン・会社員用 年収別社会保険料の目安(早見表)

今回は社会保険料の概算額をサラリーマンの年収別に資産し、早見表を作成しました。 社会保険料は4~6月の給料に応じて決定されるため、年収で一律いくらという決め方はできません。 しかしながら、概算であれば …