窓際マルチインカマーが真面目に効率的に0から資産を増やす

仕事できない窓際人間が、家電・完全食で時短を図り、マルチインカムで経済的時間的自由を達成していきます

レバレッジ投資

インデックスにレバレッジをかけて投資する

投稿日:2018年11月5日 更新日:

この記事では私が投資のメインとして行っている、インデックスのレバレッジ投資について解説をしています。

何故インデックスにレバレッジをかけるのか、またどこのインデックスに投資をしているのかについて、理由と共に解説をします。

私がインデックス投資を行っている理由

私は現在投資のメインとして、レバレッジをかけてインデックス投資を行っています。

投資を行ったことが無い方の為に簡易に説明すると、レバレッジとは手元の資金以上の額を投資することです。

たとえば預金が100万円しかなくても、500万円や1000万円分の株式投資を行うことができます。

またインデックス投資とは、個別の株を購入するのではなく、特定のカテゴリーに分けられた株価指数に対して投資を行うことです。

インデックス投資として真っ先に思い浮かぶのは、日経平均でしょう。

東京証券取引所に上場されている銘柄のうち、主要225銘柄の平均値が日経平均です。

個別銘柄の場合、真剣に投資を行おうとすると、個別企業に対して損益計算書や貸借対照表などの決算書を読み込む必要があり、大きな労力が必要となります。ましてそれを複数銘柄に対して行うのはさらに骨の折れる作業です。

インデックス投資であれば、大局的にその投資先のインデックスに対して見通が明るいか暗いかを見極めれば良いので、個別銘柄に比べれば労力は少ないです。

また世界経済は長期的には常に拡大をし続けていますので、経済的成長をとげるであろう国に対して資金をつぎ込めば、利益が得られる可能性は非常に高いです。

私がレバレッジをかけてインデックス投資を行っている理由

一方でインデックス投資の場合、個別銘柄に比べると値動きが緩やかです。

インデックスに組み込まれる銘柄は、そのインデックスにもよりますが、例えば日経平均であれば225銘柄もあります。

個別の銘柄を見れば値動きの激しい銘柄もありますが、それらの銘柄を225個も平均してしまうことにより、値動きの激しさは緩和されます。

このように、インデックス投資は長期で見れば右肩上がり、値動きが個別銘柄に比べて緩やかという特徴を持っているので、例えレバレッジをかけて自己資金以上の投資を行っても、個別銘柄ほど急激に株価や価格が下がることは少ないため、資金計画をたてることが容易です。

このような理由から、私はインデックス投資をレバレッジをかけて行うことをメインにしています。

私のインデックス投資の投資先

インデックス投資と言っても、様々な種類があります。

日本人であれば最もなじみが深いのは、先ほども申し上げた日経225です。日本の主要な企業225社の平均に投資を行うインデックス投資ですね。

しかしながら、私は日本企業が組み込まれたインデックス投資は一切おこなっていません。

なぜならば、日本の将来の見通しに不安をいただいているからです。

もちろん将来のことは誰にもわかりませんが、日本の少子高齢化を考えた時に日本に投資しようという気持ちにはならないのです。

日本とアメリカの将来推計人口と経済|日本でなく米国に投資すべき理由

私が今、一番資金を投入しているのは米国です。そして米国の代表的な株価指数、S&P500、ダウ、ナスダックにそれぞれ投資を行っています。

インデックス投資でレバレッジをかける手段

インデックス投資でレバレッジを掛けようとするとき、選べる選択肢はいくつかあります。

  • レバレッジ・インデックス(ETF)を購入する
  • 信用取引でレバレッジをかける
  • CFD・くりっく株365などの株価指数証拠金取引を行う
  • オプション取引を行う
  • 先物取引を行う

このなかで私が現在行っているのは、CFD・くりっく株365による株価指数証拠金取引です。

それぞれ取引には一長一短あるのですが、個別の内容については別記事で順次解説していきたいと思います。

-レバレッジ投資
-,

執筆者:たぬ

              

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした


管理人の「たぬ」です。
株式投資・不動産投資・オプション取引をメインに日々最も安全かつ効率的な投資方法を模索しています。

どのように資産を増やしていくのか、具体的手法をお話していきたいと思います。