真面目に効率的に0から資産を増やす方法

安全安心確実に資産を増やす方法をお伝えします

株式投資

信用取引の金利比較ランキング

投稿日:2018年11月19日 更新日:

星5つ

信用取引を行うにあたり、最も負担となるのは金利でしょう。

取引金額が高額になればなるほど、金利の額も大きくなります。

今回は証券会社の信用取引の金利がどの程度であるのかを比較するための表を作成いたしました。

制度信用取引と一般信用取引に分けておりますので、参照お願いします。

制度信用取引の金利比較ランキング

とりあえず表を貼ります。

順位 証券会社 制度信用取引金利
1位 東海東京証券 0.90
2位 むさし証券 1.35
3位 DMM.com証券 2.10
4位 ライブスター証券 2.30
5位 SMBC日興証券 2.50
6位 岡三証券 2.60
7位 丸三証券 2.65
8位 岩井コスモ証券 2.69
9位 GMOくりっく証券 2.75
10位 楽天証券 2.80
11位 マネックス証券 2.80
12位 SAI証券 2.80
13位 カブドットコム証券 2.98
14位 内藤証券 2.98
15位 松井証券 3.10

東海東京証券の圧勝じゃないですか・・・

制度信用取引(半年で決済が必要)とは言え、金利が0.9%。住宅ローン並みの金利でお金を借りられるなんて考えられません。

むさし証券もとても安い金利を提供していたのですが、東海東京証券の金利のおかげで霞んで見えますね。

その他証券会社は軒並み2.3%以上の金利となっています。

一般信用取引の金利比較ランキング

一般信用取引の金利ランキングも貼らせていただきます。一般信用取引は決済期限が無制限になっていますので、半年以上の長期投資も可能です。

順位 証券会社名 一般信用取引金利
1位 むさし証券 2.35
2位 SMBC日興証券 2.50
3位 ライブスター証券 2.75
4位 岡三証券 2.80
5位 GMOくりっく証券 3.00
6位 カブドットコム証券 3.07
7位 楽天証券 3.09
8位 SABI証券 3.09
9位 DMM株 3.09
10位 マネックス証券 3.47
11位 内藤証券 3.61
12位 岩井コスモ証券 3.69
13位 松井証券 4.10
14位 東海東京証券 なし
15位 丸三証券 なし

制度信用取引で断トツの1位だった、東海東京証券は一般信用取引を行っていないため圏外に落ちました。

ですので、一般信用取引で金利が最もお得なのはむさし証券ということになりますね。

貸株料(空売り時の金利)比較ランキング

次は貸株料のランキングです。表を貼りますね。

順位 証券会社名 貸株料金利
1位 ライブスター証券 1.10
1位 DMM株 1.10
1位 楽天証券 1.10
2位 東海東京証券 1.15
2位 むさし証券 1.15
2位 SMBC日興証券 1.15
2位 丸三証券 1.15
2位 マネックス証券 1.15
2位 SABI証券 1.15
2位 カブドットコム証券 1.15
2位 内藤証券 1.15
2位 松井証券 1.15
3位 GMOくりっく証券 1.45
4位 岩井コスモ証券 1.90
5位 岡三証券 2.00

空売りを利用する時に気になる金利、貸株料です。

殆どの証券会社で横並びですね。

最低委託保証金率比較ランキング

委託保証率は、「このラインを割ると追証が必要になる」保証金率ですね。一般的には低い方がより少ない資金でレバレッジをかけられていることになるので有利です。

委託保証金率と合わせてご覧ください。

順位 証券会社 最低委託保証金 委託保証金率
1位 東海東京証券 20% 33%
1位 ライブスター証券 20% 30%
1位 岡三証券 20% 30%
1位 DMM株 20% 30%
1位 楽天証券 20% 30%
1位 マネックス証券 20% 30%
1位 SABI証券 20% 33%
1位 松井証券 20% 31%
2位 むさし証券 25% 30%
2位 SMBC日興証券 25% 30%
2位 GMOくりっく証券 25% 30%
2位 カブドットコム証券 25% 30%
3位 丸三証券 30% 40%
3位 岩井コスモ証券 30% 30%
3位 内藤証券 30% 33%

証券会社ごとにそれほど差は見られませんね。殆ど20~25%の範囲内に収まっています。

-株式投資
-,

執筆者:たぬ

              

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

円を持つ男性

くりっく株365のスプレッドは広すぎ?

今回の記事ではくりっく株365のスプレッド差を取り扱います。 くりっく株365はマーケットメイカーが価格を提示し、その中から投資家にとって最も有利な価格帯が採用されます。 それにも関わらず、くりっく株 …

価格調整額の決まりかた

CFDの価格調整額の計算方法|GMOクリック証券

この記事では、GMOクリック証券のCFDの価格調整額について解説をしています。 2018年頭あたりから、S&P500などの指数を原資としたCFDの買いから入った場合の価格調整額がマイナスになっています …

株価チャート

CFDでS&P500にレバレッジをかける投資法は「あり」なのか

この記事では、CFDでS&P500にレバレッジをかけて投資する手法が「あり」なのか「なし」なのかを検証しています。 またCFDで株価指数にレバレッジをかけるなら何倍なのか、その適切な数字も解説していま …

階段の上に立つダルマ

一般口座と特定口座とは?メリットとデメリットを解説

株式投資や投資信託を始めようと思われる方は、証券会社から「一般口座か特定口座どちらで取引をするのか」の選択を迫られます。 一般口座?特定口座? 投資をしたことが無い人は、その単語に困惑されることかと思 …

てこ

レバレッジをかけられるETFの仕組みと注意点

今回の記事はレバレッジETFの仕組みと注意点について解説を行います。 私は現在、米国のインデックス投資をレバレッジをかけて行っておりますが、一言で「インデックス投資にレバレッジをかける」と言っても、レ …


管理人の「たぬ」です。
株式投資・不動産投資・オプション取引をメインに日々最も安全かつ効率的な投資方法を模索しています。

どのように資産を増やしていくのか、具体的手法をお話していきたいと思います。