真面目に効率的に0から資産を増やす方法

安全安心確実に資産を増やす方法をお伝えします

株式投資

先物取引とは何かを初心者にも分かりやすく解説

投稿日:2018年11月24日 更新日:

上下の矢印

今回は先物取引とは何かについて、初心者にわかりやすく解説します。
先物取引は、一般的には「危ない」というイメージがあると思います。

先物取引はリスクをヘッジするためにもに用いられますが、一方でハイリスクハイリターンな取引が可能な商品です。その仕組みについて記事にしています。

先物取引とは?

先物取引と言う言葉を聞いて、どういったことを想起されるでしょうか?

私の場合は「怖い」というイメージが先行してしまいますね。

身の回りではいないですが、「先物取引で破産した」という言葉は良く聞きますからね。

あと友達が先物の会社に勤めて精神を病んだので、そのイメージも強いです(笑)

先物取引は小額で大きなお金を動かすことのできる投資方法です。

私はインデックス投資にレバレッジをかけているので、先物取引も選択肢の一つとして考える必要があります。

今回はその先物取引について紹介をしていきたいと思います。

先物取引とは?その仕組みはどうなっているのか

先物取引とは、名前がその仕組みの一部を表していますが、商品を現在より先の日付で特定の価格で売買することを、現段階で取り決めをしておく取引のことです。

なお、先物取引には金・原油などの工業製品を対象とする先物取引と、株価や国債などを対象とする金融先物取引がありますが、今回は後者の金融先物取引を中心に話をしていきます。

例えば、為替は毎日変動していますね。日本円とドルの関係を見てみると、円安になると輸出業者は得をしますし、円高になると逆に損をしてしまいます。

為替の動きは輸出・輸入を行う業者にとっては死活問題なわけです。

なんとか収益を安定させる方法はないものだろうか・・?

そこで、現段階で将来にわたるドルの値段を決めておこう、ということになるわけです。

例えば、現在1ドルが100円だったとします。輸出業者は1ドルの商品を100円で売却するわけですね。

仮に1ドルが120円になったとすると、同じ1ドルを売っても120円で売却できますし、逆に1ドルが80円になると1ドルの商品を売却しても80円しか手元に残りません。

そこで、今のうちから例えば半年後に、100円で1ドルを売却します!という取引を行うのです。

仮に半年後に1ドルが80円になり、1ドルの商品を売った時に得られるお金が80円しかなかったとしても、100円で1ドルを売却している取引をかわしているわけですから、1ドルを100円で売却すれば良いのです。

1ドルは80円なわけですから、20円分得をします。逆に半年後に1ドル120円になっていたとすると、1ドル100円でしか売れないわけですから、本来120円受け取れるところを100円しか受け取れなくなってしまいますが。

先物取引とは?レバレッジとハイリスクハイリターン

このように基本的に先物取引は、将来にわたる価格の変動をヘッジするために用いられます。

しかしながら、この仕組みを利用すれば大きなレバレッジをかけて投資を行うことができるのです。すなわち、小額で大きな金額の取引を行うことができます。

先物取引は現物を買うわけではないので、大きなお金を用意する必要がありません。

単に「○月△日に商品Aをいくらで売買する」という取り決めをするだけですので、○月△日までその商品を売買するだけの資金を用意する必要は本来ありません。

具体的に見て行きましょう。

日経225先物という、先物商品があります。

日本の株価指数である、日経平均を基準とした(難しい言葉で、日経平均を原資産とした)先物商品です。

日経225先物は1枚(取引できる最低数量)が日経平均株価の1,000倍です。日経平均が2万1640円ならば、日経225先物を1枚購入すると、おおよそ2,164万円の取引を行っていることになります。

莫大な金額ですよね。

そして、その取引を行うのに必要な資金(証拠金)は2018年11月現在で720,000円、レバレッジで言えば約30倍です。

この証拠金を証券会社に入れておけば、2,164万円の取引を行うことができるのです。

先物取引を利用した、レバレッジの具体例

仮に今から3ヶ月後の日付で、2万1640円で日経平均を売買できる日経225先物を1枚購入したとしましょう。

そして現在の日経平均が2万1640円、日経225先物の価格も同じく2万1640円、3ヶ月後の日経平均株価が2万2,000円であるとします。

結論だけ言えば、あなたは

(2万2000円-2万1640円)×1,000=360,000円の利益を得ることができます。

正確に言うなら

日経225先物を1枚2,164万円(2万1,640円×1000)で購入し、2,200万円(2万2,000円×1,000)で売却をするという取引を行うことになります。

しかしながら、実際には上記のような手順は踏まず(2,164万円の現金を用意する必要はなく)、差額の360,000円だけ受け取るということになります。

これはあくまで日経225先物が上昇した場合であり、3ヶ月後の期限満了日に日経平均株価が下がっていれば損失を被ります。

そして、期限満了日以前であっても、含み損を含めた金額で証拠金を維持していく必要があります。

つまり、途中で日経225先物の価格が仮に2万1600円となった(下落した)場合、(2万1640-2万1600)×1,000=40,000円の含み損を抱えることとなります。

日経225先物を1枚購入するためには、720,000円の証拠金が必要でしたが、あなたが720,000円しか証拠金を入れていなければ、証拠金が40,000円不足したとみなされ、追加で4万円を入金する必要があります。

先物取引は信用取引より遥かにハイリスクハイリターン

このように、先物取引は小さな金額で大きな金額を動かすことができるハイリスクハイリターンな商品です。かけられるレバレッジは約30倍。

株式の信用取引がレバレッジ3倍ですので、そのさらに10倍のレバレッジをかけられることになります。

信用取引程度のレバレッジであっても、「信用取引は危険」と言われることがあります。

その信用取引の10倍のレバレッジをかけるわけですから、先物取引がいかにハイリスクハイリターンであるかがわかっていただけるかと思います。

もちろん、あくまで「30倍のレバレッジをかけられる」だけであり、証拠金を多く積めば30倍ものレバレッジを組まなくても済むわけです。

また、日経225先物は日経平均の1,000倍の金額をやりとりしますが、日経225先物miniという商品もあり、この商品は日経平均の100倍の金額をやりとりすることになります。

要はどこまでレバレッジをかけるかはあなた次第ということです。

-株式投資
-

執筆者:たぬ

              

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

グラフを持つサラリーマン

日本とアメリカの将来推計人口と経済

日本とアメリカの人口がこれからどうなるのか、ご存知でしょうか? 日本はこれから超高齢化社会を迎えるのは有名な話ですよね。でも日本はこれから超高齢化社会どころか、超超高齢化社会を迎えると言っても良いでし …

チャートと矢印

先物と限月とSQ|先物はどれだけ先まで売買できるの?

今回の記事では、先物取引を行う上で重要な用語である、「限月」と「SQ」について解説をしています。 また、「限月」および「SQ」の存在は、先物取引で長期投資を行うことを不利に働かせてしまいます。 なぜそ …

スマホとお金

株と投資信託の税金を解説。通算損益はできるの?

この記事では、株と投資信託の税金について解説をしています。 株や投資信託の税金はどういった形で徴収されるのか、またその仕組みはどのようなものか、そして株と投資信託の利益は相殺できるのか、などについて記 …

株価チャート

空売りとは何か?その仕組みとやり方を解説

空売りという言葉を聞いたことがあるでしょうか?株をやられて間もない方は無いかもしれませんね。 通常株は上昇した場合に売却をして利益を得るものですが、空売りを行うと株価が下がった時に利益を得ることができ …

階段の上に立つダルマ

一般口座と特定口座とは?メリットとデメリットを解説

株式投資や投資信託を始めようと思われる方は、証券会社から「一般口座か特定口座どちらで取引をするのか」の選択を迫られます。 一般口座?特定口座? 投資をしたことが無い人は、その単語に困惑されることかと思 …