真面目に効率的に0から資産を増やす方法

安全安心確実に資産を増やす方法をお伝えします

会社員 社会保険料計算と節約法

サラリーマン・会社員用 年収別社会保険料の目安(早見表)

投稿日:2018年9月16日 更新日:

年収と社会保険料

今回は社会保険料の概算額をサラリーマンの年収別に資産し、早見表を作成しました。

社会保険料は4~6月の給料に応じて決定されるため、年収で一律いくらという決め方はできません。

しかしながら、概算であれば算出できるため目安になればと思い、作成をいたしました。。

サラリーマンの年収とそれに対する社会保険料の概算額のルール

今回はサラリーマンの年収別社会保険一覧表(概算)を作成しました。

社会保険料の計算方法は別のぺージで見てきたとおりですが、年収別に概算で社会保険料が把握できることを目的に早見表を作成いたしました。

ここで言う社会保険料とは、健康保険料・介護保険料・厚生年金保険料、3点の総計を指します。

4月~6月の給料を基準に社会保険料は計算されますので、残業代の多少により同じ年収でも社会保険料に違いが生じてきますのであくまで数字は概算となります。

またこの表では年間の賞与額は5カ月で、年収=17カ月分の月給とみなし計算をしており、また月による給与の変動はなく年収を17で割った額を、毎月給与として受け取っているものとします。

健康保険料・介護保険料は市町村によって異なりますが、大阪市のものを使用しています。

40歳未満と40歳以上(介護保険料あり)で保険料が異なりますので、2つにわけて早見表を作成しています。

年収と月額の社会保険料(概算)早見表(40歳未満のサラリーマン方向け)

年収(円) 月収(円) 健康保険料(円) 厚生年金保険料(円) 月額社会保険料合計(円)
1,500,000 88,235 4,475 8,052 13,218
2,000,000 117,647 6,000 10,797 17,724
2,500,000 147,059 7,627 13,725 22,530
3,000,000 176,471 9,153 16,470 27,036
3,500,000 205,882 10,170 18,300 30,040
4,000,000 235,294 12,204 21,960 36,048
4,500,000 264,706 13,221 23,790 39,052
5,000,000 294,118 15,255 27,450 45,060
5,500,000 323,529 16,272 29,280 48,064
6,000,000 352,941 18,306 32,940 54,072
6,500,000 382,353 19,323 34,770 57,076
7,000,000 411,765 20,848 37,515 61,582
7,500,000 441,176 22,374 40,260 66,088
8,000,000 470,588 23,899 43,005 70,594
8,500,000 500,000 25,425 45,750 75,100
9,000,000 529,412 26,950 48,495 79,606
9,500,000 558,824 28,476 51,240 84,112
10,000,000 588,235 30,001 53,985 88,618
10,500,000 617,647 31,527 56,730 93,124
11,000,000 647,059 33,052 56,730 94,885
11,500,000 676,471 34,578 56,730 96,646
12,000,000 705,882 36,103 56,730 98,407
12,500,000 735,294 38,137 56,730 100,755
13,000,000 764,706 38,137 56,730 100,755
13,500,000 794,118 40,171 56,730 103,103
14,000,000 823,529 42,205 56,730 105,451
14,500,000 852,941 42,205 56,730 105,451
15,000,000 882,353 44,748 56,730 108,386
15,500,000 911,765 47,290 56,730 111,321
16,000,000 941,176 47,290 56,730 111,321
16,500,000 970,588 49,833 56,730 114,256
17,000,000 1,000,000 49,833 56,730 114,256
17,500,000 1,029,412 49,833 56,730 114,256
18,000,000 1,058,824 55,426 56,730 120,713
18,500,000 1,088,235 55,426 56,730 120,713
19,000,000 1,117,647 58,477 56,730 124,235
19,500,000 1,147,059 58,477 56,730 124,235
20,000,000 1,176,471 61,528 56,730 127,757

年収と月額の社会保険料(概算)早見表(40歳以上のサラリーマン向け)

年収(円) 月収(円) 健康保険料+介護保険料 厚生年金保険料(円) 月額社会保険料合計
1,500,000 88,235 5,166 8,052 12,527
2,000,000 117,647 6,927 10,797 16,797
2,500,000 147,059 8,805 13,725 21,352
3,000,000 176,471 10,566 16,470 25,623
3,500,000 205,882 11,740 18,300 28,470
4,000,000 235,294 14,088 21,960 34,164
4,500,000 264,706 15,262 23,790 37,011
5,000,000 294,118 17,610 27,450 42,705
5,500,000 323,529 18,784 29,280 45,552
6,000,000 352,941 21,132 32,940 51,246
6,500,000 382,353 22,306 34,770 54,093
7,000,000 411,765 24,067 37,515 58,363
7,500,000 441,176 25,828 40,260 62,634
8,000,000 470,588 27,589 43,005 66,904
8,500,000 500,000 29,350 45,750 71,175
9,000,000 529,412 31,111 48,495 75,445
9,500,000 558,824 32,872 51,240 79,716
10,000,000 588,235 34,633 53,985 83,986
10,500,000 617,647 36,394 56,730 88,257
11,000,000 647,059 38,155 56,730 89,782
11,500,000 676,471 39,916 56,730 91,308
12,000,000 705,882 41,677 56,730 92,833
12,500,000 735,294 44,025 56,730 94,867
13,000,000 764,706 44,025 56,730 94,867
13,500,000 794,118 46,373 56,730 96,901
14,000,000 823,529 48,721 56,730 98,935
14,500,000 852,941 48,721 56,730 98,935
15,000,000 882,353 51,656 56,730 101,478
15,500,000 911,765 54,591 56,730 104,020
16,000,000 941,176 54,591 56,730 104,020
16,500,000 970,588 57,526 56,730 106,563
17,000,000 1,000,000 57,526 56,730 106,563
17,500,000 1,029,412 57,526 56,730 106,563
18,000,000 1,058,824 63,983 56,730 112,156
18,500,000 1,088,235 63,983 56,730 112,156
19,000,000 1,117,647 67,505 56,730 115,207
19,500,000 1,147,059 67,505 56,730 115,207
20,000,000 1,176,471 71,027 56,730 118,258

サラリーマン用、年収と月額の社会保険料(概算)早見表(社会保険料の割合)

いかがでしたでしょうか?

社会保険料の目安がおわかりいただけたかと思います。

年収が1,050万円を超えると厚生年金保険料が頭打ちとなるため、それ以上は年収が高くなるにつれ、収入に占める社会保険料の割合が小さくなっていきます。

金額では分かりにくいかもしれませんので、月収に占める社会保険料(概算)の割合を示した早見表を作成してみました。

年収/月収(円) 月額社会保険料

(40歳以上/円)

社会保険料の割合 月額社会保険料

(40歳未満/円)

社会保険料の割合
1,500,000(月収88,235) 13,218 15.0% 12,527 14.2%
2,000,000(月収117,647) 17,724 15.1% 16,797 14.3%
2,500,000(月収147,058) 22,530 15.3% 21,352 14.5%
3,000,000(月収176,470) 27,036 15.3% 25,623 14.5%
3,500,000(月収205,882) 30,040 14.6% 28,470 13.8%
4,000,000(月収235,294) 36,048 15.3% 34,164 14.5%
4,500,000(月収264,705) 39,052 14.8% 37,011 14.0%
5,000,000(月収294,117) 45,060 15.3% 42,705 14.5%
5,500,000(月収323,529) 48,064 14.9% 45,552 14.1%
6,000,000(月収352,941) 54,072 15.3% 51,246 14.5%
6,500,000(月収382,352) 57,076 14.9% 54,093 14.1%
7,000,000(月収411,764) 61,582 15.0% 58,363 14.2%
7,500,000(月収441,176) 66,088 15.0% 62,634 14.2%
8,000,000(月収470,588) 70,594 15.0% 66,904 14.2%
8,500,000(月収500,000) 75,100 15.0% 71,175 14.2%
9,000,000(月収529,411) 79,606 15.0% 75,445 14.3%
9,500,000(月収558,823) 84,112 15.1% 79,716 14.3%
10,000,000(月収588,235) 88,618 15.1% 83,986 14.3%
10,500,000(月収617,647) 93,124 15.1% 88,257 14.3%
11,000,000(月収647,058) 94,885 14.7% 89,782 13.9%
11,500,000(月収676,470) 96,646 14.3% 91,308 13.5%
12,000,000(月収705,882) 98,407 13.9% 92,833 13.2%
12,500,000(月収735,294) 100,755 13.7% 94,867 12.9%
13,000,000(月収764,705) 100,755 13.2% 94,867 12.4%
13,500,000(月収794,117) 103,103 13.0% 96,901 12.2%
14,000,000(月収823,529) 105,451 12.8% 98,935 12.0%
14,500,000(月収852,941) 105,451 12.4% 98,935 11.6%
15,000,000(月収882,352) 108,386 12.3% 101,478 11.5%
15,500,000(月収911,764) 111,321 12.2% 104,020 11.4%
16,000,000(月収941,176) 111,321 11.8% 104,020 11.1%
16,500,000(月収970,588) 114,256 11.8% 106,563 11.0%
17,000,000(月収1,000,000) 114,256 11.4% 106,563 10.7%
17,500,000(月収1,029,411) 114,256 11.1% 106,563 10.4%
18,000,000(月収1,058,823) 120,713 11.4% 112,156 10.6%
18,500,000(月収1,088,235) 120,713 11.1% 112,156 10.3%
19,000,000(月収1,117,647) 124,235 11.1% 115,207 10.3%
19,500,000(月収1,147,058) 124,235 10.8% 115,207 10.0%
20,000,000(月収1,176,470) 127,757 10.9% 118,258 10.1%

サラリーマン用、年収と年間社会保険料早見表

サラリーマンの年収と、月額の社会保険料の関係性はおわかりいただけたかと思います。

しかしながらこの表にはボーナス分の社会保険料が含まれていませんので、単純に月額社会保険料を12倍しても年間社会保険料を出すことはできません。

そこで、ボーナス分の社会保険料を加味した表を作成いたしましたので参考にしていただければ幸いです。

40歳未満 40歳未満 40歳以上 40歳以上
年収(円) 年間社会保険料

(円)

社会保険料率

 

年間社会保険料

(円)

年間社会保険料率
1,500,000 233,706 15.6% 238,690 15.9%
2,000,000 312,740 15.6% 319,453 16.0%
2,500,000 395,195 15.8% 403,816 16.2%
3,000,000 474,241 15.8% 484,579 16.2%
3,500,000 536,199 15.3% 547,318 15.6%
4,000,000 632,321 15.8% 646,105 16.2%
4,500,000 694,279 15.4% 708,845 15.8%
5,000,000 790,401 15.8% 807,632 16.2%
5,500,000 852,359 15.5% 870,371 15.8%
6,000,000 948,481 15.8% 969,158 16.2%
6,500,000 1,010,440 15.5% 1,031,897 15.9%
7,000,000 1,089,474 15.6% 1,112,660 15.9%
7,500,000 1,168,520 15.6% 1,193,424 15.9%
8,000,000 1,247,554 15.6% 1,274,187 15.9%
8,500,000 1,326,600 15.6% 1,354,950 15.9%
9,000,000 1,405,634 15.6% 1,435,713 16.0%
9,500,000 1,484,680 15.6% 1,516,476 16.0%
10,000,000 1,563,714 15.6% 1,597,240 16.0%
10,500,000 1,642,760 15.6% 1,678,003 16.0%
11,000,000 1,688,855 15.4% 1,725,826 15.7%
11,500,000 1,734,961 15.1% 1,773,649 15.4%
12,000,000 1,781,055 14.8% 1,821,472 15.2%
12,500,000 1,833,257 14.7% 1,876,339 15.0%
13,000,000 1,861,051 14.3% 1,903,031 14.6%
13,500,000 1,913,253 14.2% 1,957,898 14.5%
14,000,000 1,965,455 14.0% 2,012,765 14.4%
14,500,000 1,993,249 13.7% 2,039,456 14.1%
15,000,000 2,051,560 13.7% 2,101,367 14.0%
15,500,000 2,109,858 13.6% 2,163,278 14.0%
16,000,000 2,137,652 13.4% 2,189,970 13.7%
16,500,000 2,195,962 13.3% 2,251,881 13.6%
17,000,000 2,223,756 13.1% 2,278,572 13.4%
17,500,000 2,251,550 12.9% 2,305,263 13.2%
18,000,000 2,346,460 13.0% 2,409,438 13.4%
18,500,000 2,374,254 12.8% 2,436,130 13.2%
19,000,000 2,438,660 12.8% 2,505,085 13.2%
19,500,000 2,466,455 12.6% 2,531,776 13.0%
20,000,000 2,530,861 12.7% 2,600,731 13.0%

 

サラリーマンの年収に対する社会保険料(概算)の早見表を見て考察

一般的に、社会保険料の収入に対する割合は15%程度と言われていますので、計算してみて納得しました。

しかしながら、2,000万円クラスになると月収に占める社会保険料の割合は10%程度になることがわかります。

これは主に厚生年金保険料が、年収1,000万円あたりで頭打ちになるのが理由です。また、表にはしていませんが年収2,000万円を超えると健康保険料と介護保険料も頭打ちになりますので、さらに年収に占める社会保険料の割合は下がります。

直観的に「高所得者なのに負担が減るのはおかしい」と思うかもしれませんね。

しかしながら、厚生年金保険料が頭打ちになるということは、老後に貰える年金も頭打ちになるということです。

加えて、高所得者だからという理由で健康保険を利用する頻度が上がる(病院や薬局へ行くことが多くなる)わけではなく、そもそも年収に比例して保険料が上がるということ自体均衡が取れていないとも言えます。

もちろん、「高い給料貰ってるんだから、そのぶん多く保険料払えよ」という意見も一理あるんですけどね。

いずれにせよ、今回の早見表を見ていただいて社会保険料に対する理解が深まっていただければ、また社会保険料の節約へとつなげていただければ幸いです。

-会社員 社会保険料計算と節約法
-,

執筆者:たぬ

              

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

会社員・サラリーマン(40歳以上)のために介護保険料の金額がどのように計算されているのかとその節約方法を解説

今回は40歳以上の方が対象となりますが、介護保険料の計算方法とその節約方法(安くする方法)を書いていきます。 介護保険料は、健康保険料と同じ仕組みで計算されますので両者は同じ理屈で節約をすることが可能 …

残業と社会保険料と税金

会社員・サラリーマンが4月から6月に残業代を受け取ることで、社会保険料・税金・残業代の損益(手取り)はどうなるのか考察

今回は、会社員が4月~6月に残業代を受け取ることがいかに意味のないことかを解説していきたいと思います。 3カ月の間に残業代を受け取ると、社会保険料と税金の両方が上がることになります。どの程度の残業を行 …

社会保険料節約

会社員・サラリーマンが4月から6月の間に残業代を貰わなければ、社会保険料を月額いくら節約できるのか?

会社員の社会保険料は社会保険料・介護保険料・厚生年金保険料・雇用保険料がありますが、雇用保険料を除く3つの保険料はやり方次第で節約をすることが可能です。 今回の記事では残業代を削ることにより、年間でど …

健康保険料の計算と節約

サラリーマン・会社員の健康保険料がどのように計算されているか、その節約方法をわかりやすく解説

今回は、会社員が毎月給料から天引きされている健康保険料の金額がどのよに計算されているのか、そしてその節約方法(安くする方法)を記事にしました。 健康保険制度は相互扶助を目的としており、給料に応じた保険 …

厚生年金保険

サラリーマン・会社員の厚生年金保険料の計算方法と節約方法をわかりやすく解説

今回は、会社員・サラリーマンを対象とした厚生年金保険料の仕組み(計算方法)とその節約方法(安くする方法)を記事にしました。 厚生年金保険料は毎月給料から天引きされる保険料のうち、最も金額が高くなります …