真面目に効率的に0から資産を増やす方法

安全安心確実に資産を増やす方法をお伝えします

税金

購入価格別、固定資産税・都市計画税早見表

投稿日:2018年12月31日 更新日:

家とお金

今回の記事では、戸建てとマンション、それぞれ購入価別に固定資産税と都市計画税がどの程度であるのかの目安表を作成しました。

難しい計算は抜きにして、新築で購入した価格がいくらであれば、何年目に固定資産税・都市計画税がいくらになるかをざっくりと表で表しています。

購入価格と固定資産税・都市計画税って関係性あるの?

戸建てにせよマンションにせよ、固定資産税と都市計画税は購入した土地と家屋の評価額を基準にして決定します。

一方で固定資産(土地・家屋)の購入価は基本的には売主と買主の合意によって決定し、固定資産税と都市計画税の計算式には、購入価が組み込まれていません。

つまり、購入価と固定資産税・都市計画税は基本的には関係がないはずです。

ただ不動産の売買も他の商品と同様に市場原理に基づいていますので、価値の高いもの、つまり固定資産税と都市計画税の評価額が高いものについては市場でも高い価格で取引されていることが予想され、土地・家屋の購入価と固定資産税・都市計画税は相関性があると言えます。

何が言いたいかと言うと、あくまで今からお見せする表は概算であり、実際の固定資産税・都市計画税とは乖離している可能性が十分にあるということです。

特にマンションの固定資産税・都市計画税は、土地と建物のうち建物の占める割合の高い物件、つまりタワーマンションなど狭い敷地面積に多くの戸数がある物件は、同じ価格のマンションに比べ固定資産税・都市計画税が高くなります。

これは、住宅地等に対する課税標準の特例が設けられているからです。

土地に家屋(マンション・戸建)が建っていると、土地の固定資産税は1/6、都市計画税は1/3になります。

一方家屋にはそのような特例は設けられていないため、土地と家屋の合計評価額が同じであったとしても、評価額に占める建物の占める割合が高いほど固定資産税・都市計画税は高くなります。

戸建ての購入価格別、固定資産税・都市計画税早見表

それでは戸建ての固定資産税・都市計画税の早見表から作成していきます。

購入価格のうち、土地代と家屋代それぞれ50%で計算をしています。

また土地の価値は上下せず購入時のまま一定、家屋は価格によらず25年で購入時の2割の評価額になるとし、3年に1回総務省の経年減点補正率をかけて補正していきます。

評価替えの年度は1年目とし、以降4年目、7年目・・・と評価替えが発生します。

3年目までは家屋の固定資産税に新築住宅の減額措置があるものとしています。

3000万円(土地1500万円・家屋1500万円)の戸建ての場合

年数 土地
固定資産税+都市計画税(万円)
家屋
固定資産税+都市計画税(万円)
固定資産税+都市計画税
(万円)
1年目 3.2 7.2 10.4
4年目 3.2 10.4 13.6
7年目 3.2 9.3 12.5
10年目 3.2 8.2 11.5
13年目 3.2 6.8 10.1
16年目 3.2 5.8 9.0
19年目 3.2 4.7 7.9
22年目 3.2 3.8 7.0
25年目 3.2 3.0 6.3

4,000万円(土地2,000万円・家屋2,000万円)の戸建ての場合

年数 土地
固定資産税+都市計画税(万円)
家屋
固定資産税+都市計画税(万円)
固定資産税+都市計画税
(万円)
1年目 4.3 9.6 13.9
4年目 4.3 13.8 18.2
7年目 4.3 12.4 16.7
10年目 4.3 11.0 15.3
13年目 4.3 9.1 13.5
16年目 4.3 7.7 12.0
19年目 4.3 6.3 10.6
22年目 4.3 5.1 9.4
25年目 4.3 4.0 8.4

5,000万円(土地2,500万円・家屋2,500万円)の戸建ての場合

年数 土地
固定資産税+都市計画税(万円)
家屋
固定資産税+都市計画税(万円)
固定資産税+都市計画税
(万円)
1年目 5.4 12.0 17.4
4年目 5.4 17.3 22.8
7年目 5.4 15.6 21.0
10年目 5.4 13.8 19.2
13年目 5.4 11.5 16.9
16年目 5.4 9.7 15.1
19年目 5.4 7.9 13.3
22年目 5.4 6.4 11.8
25年目 5.4 5.1 10.5

6,000万円(土地3,000万円・家屋3,000万円)の戸建ての場合

年数 土地
固定資産税+都市計画税(万円)
家屋
固定資産税+都市計画税(万円)
固定資産税+都市計画税
(万円)
1年目 6.5 14.4 20.9
4年目 6.5 20.8 27.3
7年目 6.5 18.7 25.2
10年目 6.5 16.5 23.0
13年目 6.5 13.8 20.3
16年目 6.5 11.6 18.1
19年目 6.5 9.5 16.0
22年目 6.5 7.7 14.2
25年目 6.5 6.1 12.6

いずれの場合も、4年目に新築住宅の減額措置が切れてしまうため、3年目までを除けば4年目に固定資産税と都市計画税のピークが発生することがわかりますね。

続きまして、マンションの固定資産税の早見表を見て行きましょう。

マンションの購入価格別、固定資産税・都市計画税早見表

マンションの固定資産税・都市計画税の早見表です。

購入価格のうち、土地代と家屋代それぞれ25%と75%で計算をしています。

土地の価値は上下せず購入時のまま一定、家屋は全て60年で購入時の2割の評価額になるとし、3年に1回総務省の経年減点補正率をかけて補正していきます。

評価替えの年度は1年目とし、以降4年目、7年目・・・と評価替えが発生します。

7年目までは家屋の固定資産税に新築住宅の減額措置があるものとしています。

3,000万円(土地750万円・家屋2,250万円)のマンションの場合

年数 土地
固定資産税+都市計画税
(万円)
家屋
固定資産税+都市計画税
(万円)
固定資産税+都市計画税
(万円)
1年目 1.6 10.8 12.4
4年目 1.6 9.3 11.0
7年目 1.6 9.0 10.6
8年目 1.6 15.1 16.7
10年目 1.6 14.7 16.3
13年目 1.6 14.1 15.7
16年目 1.6 13.4 15.1
19年目 1.6 12.8 14.5
22年目 1.6 12.2 13.9
25年目 1.6 11.6 13.3
28年目 1.6 11.0 12.7
31年目 1.6 10.4 12.1
34年目 1.6 9.8 11.4
37年目 1.6 9.2 10.8
40年目 1.6 8.6 10.2
43年目 1.6 8.0 9.6
46年目 1.6 7.4 9.0
49年目 1.6 6.8 8.4
52年目 1.6 6.2 7.8
55年目 1.6 5.6 7.2
58年目 1.6 5.0 6.6
60年目 1.6 4.6 6.2

4,000万円(土地1,000万円・家屋3,000万円)のマンションの場合

年数 土地
固定資産税+都市計画税
(万円)
家屋
固定資産税+都市計画税
(万円)
固定資産税+都市計画税
(万円)
1年目 2.2 14.4 16.6
4年目 2.2 12.4 14.6
7年目 2.2 12.0 14.1
8年目 2.2 20.1 22.2
10年目 2.2 19.5 21.7
13年目 2.2 18.7 20.9
16年目 2.2 17.9 20.1
19年目 2.2 17.1 19.3
22年目 2.2 16.3 18.5
25年目 2.2 15.5 17.7
28年目 2.2 14.7 16.9
31年目 2.2 13.9 16.1
34年目 2.2 13.1 15.3
37年目 2.2 12.3 14.5
40年目 2.2 11.5 13.7
43年目 2.2 10.7 12.8
46年目 2.2 9.9 12.0
49年目 2.2 9.1 11.2
52年目 2.2 8.3 10.4
55年目 2.2 7.5 9.6
58年目 2.2 6.7 8.8
60年目 2.2 6.1 8.3

5,000万円(土地1,250万円・家屋3,750万円)のマンションの場合

年数 土地
固定資産税+都市計画税
(万円)
家屋
固定資産税+都市計画税
(万円)
固定資産税+都市計画税
(万円)
1年目 2.7 18.0 20.7
4年目 2.7 15.6 18.3
7年目 2.7 15.0 17.7
8年目 2.7 25.1 27.8
10年目 2.7 24.4 27.1
13年目 2.7 23.4 26.1
16年目 2.7 22.4 25.1
19年目 2.7 21.4 24.1
22年目 2.7 20.4 23.1
25年目 2.7 19.4 22.1
28年目 2.7 18.4 21.1
31年目 2.7 17.4 20.1
34年目 2.7 16.4 19.1
37年目 2.7 15.4 18.1
40年目 2.7 14.4 17.1
43年目 2.7 13.4 16.1
46年目 2.7 12.3 15.1
49年目 2.7 11.3 14.0
52年目 2.7 10.3 13.0
55年目 2.7 9.3 12.0
58年目 2.7 8.3 11.0
60年目 2.7 7.7 10.4

6,000万円(土地1,500万円・家屋4,500万円)のマンションの場合

年数 土地
固定資産税+都市計画税
(万円)
家屋
固定資産税+都市計画税
(万円)
固定資産税+都市計画税
(万円)
1年目 3.3 21.6 24.9
4年目 3.3 18.7 21.9
7年目 3.3 18.0 21.2
8年目 3.3 30.1 33.4
10年目 3.3 29.3 32.6
13年目 3.3 28.1 31.4
16年目 3.3 26.9 30.1
19年目 3.3 25.7 28.9
22年目 3.3 24.5 27.7
25年目 3.3 23.3 26.5
28年目 3.3 22.1 25.3
31年目 3.3 20.9 24.1
34年目 3.3 19.6 22.9
37年目 3.3 18.4 21.7
40年目 3.3 17.2 20.5
43年目 3.3 16.0 19.3
46年目 3.3 14.8 18.1
49年目 3.3 13.6 16.9
52年目 3.3 12.4 15.7
55年目 3.3 11.2 14.4
58年目 3.3 10.0 13.2
60年目 3.3 9.2 12.4

マンションの固定資産税・都市計画税の注意点

マンションの場合、7年目で家屋に係る減額措置が切れてしまうため、8年目に固定資産税と都市計画税のピークを迎えることになります。

また60年をかけて緩やかに価値が低下していくため、なかなか固定資産税は下がりません。そして60年目に最低値である評価額の2割に到達します。

また冒頭でも述べましたが、建物の価値が高いほど固定資産税は高くなります。

マンションは立地等によりそのブレ幅が大きいため、表の結果とズレる可能性があることを頭の片隅に置いていただければ幸いです。

-税金
-,

執筆者:たぬ

              

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

電卓と税金

毎月の所得税はどのように計算されているのか|わかりやすく解説

会社員・サラリーマンが、毎月給料から天引きされる「所得税」の計算方法について記事を書いています。 「所得税」の計算がどのようになっているかについてはご存知じゃない方も多いんじゃないでしょうか? 所得税 …

確定申告の書類

ふるさと納税の確定申告をする方法を画像付きで解説

この記事では、ふるさと納税を確定申告で行う方のためにその方法を画像付きで解説していきたいと思います。 「確定申告」という言葉だけで難しそうなイメージがありますが、近年の確定申告は効率化が進んでおり非常 …

ブタと電卓

社会保険の扶養は年収いくら未満でいつから入れるの?【106万と130万円の壁】

今回は社会保険料の壁を2つご紹介いたします。その壁とは、106万円の壁と130万円の壁です。 その壁を超えるといつから社会保険の扶養から外されるのか、逆にいつ扶養に入れるのかを記事にしました。 よく所 …

給与所得の源泉徴収票

年間所得税の計算方法

年間の所得税額がどのように計算されるのかを記事にしました。 サラリーマンや会社員の場合、給与から天引きされる所得税はあくまで概算です。 最終的には年末調整が終わるまで年間所得税は決定されません。 また …

家の査定

新築の固定資産税・都市計画税はいくらになるのかを計算。家屋調査の実態とは?

この記事では新築戸建て住宅を建築した場合、その固定資産税と都市計画税がいくらになるのかを実際に計算し、どのように新築戸建ての固定資産税が決まっていくのかを説明していきます。 実際に市役所の固定資産課の …


管理人の「たぬ」です。
株式投資・不動産投資・オプション取引をメインに日々最も安全かつ効率的な投資方法を模索しています。

どのように資産を増やしていくのか、具体的手法をお話していきたいと思います。

もっと詳しく見る