真面目に効率的に0から資産を増やす方法

安全安心確実に資産を増やす方法をお伝えします

時間短縮術

完全食COMPのコスパを徹底計算!私2年半COMPを飲み続けたよ|究極時短発動

投稿日:

コンプパウダーの袋

この記事では完全食COMPのコスパを計算し、果たしてCOMPは買いなのかそうでないのかを結論付けたいと思います。

完全食COMPには3種類の商品がありますので、それぞの1食あたりの費用と特徴をまとめオススメする商品を紹介しています。

完全食COMPのコスパを徹底計算

ヒトが生きるのに必要なすべての栄養素を、理想的に補える「完全食」と謳いながら販売を続けているCOMPですが、気になるのはそのメリットとデメリット。

メリットとしては食事(と準備にかかる)時間の短縮と栄養摂取、デメリットはコストが考えられるかと思います。

メリットとデメリット、言い換えればパフォーマンスとコストについて説明をし、果たして完全食COMPはパフォーマンスに見合ったコストなのか、つまり完全食COMPは買いなのかを徹底検証していきたいと思います。

コスパはいかに?完全食COMPのパフォーマンス

私が2年間半、昼食は全てCOMPを摂取し続けたのには理由(ワケ)があります!笑

それは完全食COMPを摂取し続けるメリットがあるからですね。

まずは完全食COMPのメリット、すなわちコスパの「パ」、パフォーマンスを紹介していきます。

完全食COMPを知らない人からは「そもそもなんでそんなもの2年半以上も飲み続けてるの?」

という疑問の声が聞こえてきそうです。

実際、会社でCOMPを摂取している姿は宇宙食を食べているように見られるようで、会社の人には「そんなもの食べて不健康な」ということを言われて肩身が狭いです・・むしろ完全食COMPは栄養学的にとても優れているのに。

完全食COMPのメリットは栄養と時短です。

栄養面においては、 厚生労働省が定める「日本人の食事摂取基準」に適合するよう設計されています。

例えば昼食にカップラーメン1個で済ましてしまうと、糖質と脂質しか摂取できずおまけにナトリウム過剰摂取になるのはおわかりいただけるでしょう。

完全食COMPを採れば、タンパク質・脂質・ミネラル・ビタミン・・全ての栄養素がバランスよく摂取できるのです。

そしてとりわけ私が強調したいのは時短

会社員の昼食って、割と面倒なんですよね。

会社員の昼食ってだいたい次のパターンじゃないですか?

  • 社員食堂で食べる
  • 外食する
  • コンビニ弁当
  • お弁当を持ってくる
  • 食べない(笑)

夕食の残りを弁当箱に詰めたり、スーパーの総菜詰めたり、出社途中のコンビニで弁当を買ったり、この辺りは割とコスパ良好な会社員の昼食と言えるかもしれません。

でも1時間もない休憩時間を外食にあてたり、昼休みにわざわざ混んでるコンビニへ行ったり、社員食堂で顔を合わせたくもな上司と一緒のご飯食べるのなんて嫌じゃないですか?

総菜や夕食の残りをお弁当に詰めたり、お弁当箱洗うのも面倒じゃないですか?

営業中に行こうとしている食べログ3.5のお店はいつも混んでるじゃないですか?行列あるだけでコスパ悪いじゃないですか?

食べないは究極的な選択肢ですがw、昼からの仕事のパフォーマンスが低下することは間違いないところでしょう。

立ち去れ、デスクから!奴らが来るぞ

私の場合は昼食を一刻も早く終わらせてしまいたい理由があるんですよね。

私の会社が特殊なのかもしれないのですが、昼休みでもデスクに座っていると仕事を頼まれてしまうんですよね・・

食事の時間をいかに短くして、いかに早くフロアから脱出するか。

フロア脱出のためのコスパツール、それが私にとっての完全食COMPです。

フロアから脱出した後は、ブログ書いたり語学勉強したり音楽聞いたり寝たり、有意義な昼休みが待ってます。

話が逸れてしまいましたが、再度言います。

完全食COMPを摂取するメリット(パフォーマンス)は栄養と時短です。

完全食COMPは彩鮮やかなわけでもなく、インスタ映えするような美しさもありませんが、栄養面と時間短縮面においては素晴らしい性能をもたらしてくれます。

コスパはいかに?完全食COMPのコスト

完全食COMPのパフォーマンス部分をお話ししてきましたが、コストはどうなのでしょう?

完全食COMPには

  • コンプパウダー
  • コンプグミ
  • コンプドリンク

の3種類があります

それぞれ運動量が普通程度の成人男性1食分(1日に必要な栄養素の1/3)を摂取しようとすると次のような摂取量が必要で、値段を計算すると次のようになります。

1食摂取量 1食分値段
COMPパウダー 212g 679円(税込)
COMPグミ 88粒 950円(税込)
COMPドリンク 880ml 1087円(税込)

また、運動量が普通程度の成人女性1食分(1日に必要な栄養素の1/3)を摂取しようとすると次のような摂取量が必要で、値段は次のようになります。

1食摂取量 1食分値段
COMPパウダー 157g 503円(税込)
COMPグミ 65粒 702円(税込)
COMPドリンク 650ml 803円(税込)

※値段は2019年3月現在1回に発注できる最も安い単価のものを採用(要は一度に大量のコンプを発注した時の単価)。

 

必要摂取量(必要摂取カロリー)は性別・運動量・年齢によって、一食分の値段も多少変わります。詳しくはCOMPの公式HPをご覧になってください。また、定期便を利用すれば5%offになりますので、それを利用すれば上記価格から5%を引くことができます。

値段設定を見ていかが思われましたか?

ちなみに2018年新生銀行お小遣い調査によると、2018年サラリーマン平均ランチ代は次の金額だそうです。

  • 男性 570円
  • 女性 586円

完全食COMPを摂取しようとすると、成人男性の場合は一回の食費が679円~1087円、成人女性の場合は503円~803円です。

コンプパウダーを利用すれば、一回分の食費としてはギリギリ許容範囲に収まるんじゃないでしょうか・・?

私、ご飯はおにぎり1個と水しか飲まないんだよね、って人にとってはコスパの悪い買い物だと思われるでしょう。

一回摂取量を粒やgで示されてもちょっとわかりにくいかと思いますので、それぞれ画像と解説をつけてコスパをさらに解説していきます。

完全食COMPパウダーのコスパ

コンプパウダーのコスパをまとめてみました。

食事時間 3~5分
1食当たり値段 成人男性679円・女性503円

(参考:2018年サラリーマン平均ランチ代)
男性 570円
女性 586円
2018年新生銀行お小遣い調査より

シナモン味。美味しくはないけど不味くもない。
腹持ち 5時間程度は持つ

私が毎日会社で摂取しているのはコンプパウダーです。

コンプパウダーの袋

COMPパウダー

この粉を水に溶かして飲んでいる、というより胃の中へ流し込んでいる感じですね。

水に溶かすとペースト状になりますが、あまり水を入れすぎると味が薄くなってしまいますので、私の場合は少なめにしています。

水に溶けたコンプ

 

コンプの容器に入れて、水で溶かして飲む。

それだけですね。

粉を水に溶かして飲むだけなので、所要時間は5分もかかりません。

気になるお値段は男性679円、女性503円。

なんと、女性の場合は平均的なランチ代より安い。コスパ良好と言えるでしょう。

味は個人差があるのであくまで私個人の感想になります。

完全食COMPのパウダーはシナモン味で飲めなくはないけど、美味しくはないです。人を選ぶ味をしています。

ちなみに完全食COMPは不定期的にバージョンアップを繰り返して味もたびたび変わっていきます。シナモン味の前はもっと甘い味だったのですが、正直前回の味の方がよかったですね・・叶うものなら前回の味に戻してほしい・・・

腹持ちですが、12時に採ると5時前にはお腹空きますねw残念ながらw

私は完全食COMPを会社へ持っていくのを忘れることがありその時はコンビニで弁当を買って食べるのですが、その場合は6時くらいまでお腹は空きません。つまり腹持ちに関してはコンビニ弁当には間違いなく劣ります。

完全食COMPグミのコスパ

完全食COMPグミのコスパは次のようになります。

食事時間 数時間かけてゆっくり
1食当たり値段 成人男性950円・女性702円

(参考:2018年サラリーマン平均ランチ代)
男性 570円
女性 586円
2018年新生銀行お小遣い調査より

フルーツ味をベースにやや甘味あり
腹持ち 1袋で4時間は持つ

コンプグミを摂取するには男性は88粒、女性は65粒のグミを食べなければいけません。

一袋に40粒程度入っているので、だいたい1食で2袋を食べることになります。

40粒と言ってもわかりにくいと思いますので、実際に1袋をお皿の上に並べてみましたよ。

COMPグミ開封後

これを1食で2皿食べることになるんですが、一気に食べるのは量的に無理なんですねw

このあたりの考察は別記事にまとめていますので、一読いただければ幸いです。

完全食COMPを2年半続けた私がCOMPグミをレビュー|悲惨な結末

 

完全食COMPドリンクのコスパ

最後に、完全食COMPドリンクのコスパです。

食事時間 数時間かけてゆっくり
1食当たり値段 成人男性1087円・女性803円

(参考:2018年サラリーマン平均ランチ代)
男性 570円
女性 586円
2018年新生銀行お小遣い調査より

豆乳(薄味)
腹持ち 飲み終えてから数時間は持つ

こちらの商品は最初から液体です。

COMPドリンク

コンプパウダーの場合は液体に溶かしてから摂取する必要がありましたが、この商品はその手間を省けます。

しかし、摂取量は770ml。500MLのペットボトル1.5倍分。

短時間で一気に飲むにはちょっと苦しくないですか?

COMPドリンクもCOMPグミと同様、一度に採りきる商品ではなくちょっとずつ飲んでいくことをオススメしたいです。

そして何よりもあまりにも高すぎる値段設定。

男性なら1食1000円超。

この段階で私はCOMPドリンクを食事の対象から外します。

・・・しかしコンプドリンクにはコンプパウダー・コンプグミにはない最大のメリットがあります。

それは「他人に完全食COMPを飲んでいることがバレない」という点です。

水筒に入れておいて少しずつ飲んでいけば、実に自然な形で完全食COMPが摂取できるではありませんか。

これなら会社の人に「変なものを飲んでいる」と言われる心配もありません。ただ会社の中で「昼食を食べない人」として噂が立つのは避けられないでしょう。

因みにコンプパウダーを溶解させて水筒で持ち運びするという手段もありますが、COMP公式HPから抜粋すると

作り置きは可能ですか?

ビタミン等の微量栄養素が徐々に損壊する場合がございますので、弊社では衛生の観点からも早めにお召し上がりになることを推奨しております。

とのことです。

「早め」がどの程度の時間を指すのかがわかりませんが、1日くらいなら溶解して水筒で持ち運びしても「早め」に該当すると思います。

ですので、どうしてもという方はCOMPパウダーを溶かして水筒に入れて持ち運びしても良いでしょう。

そんなひと手間をかけても良いと思えてしまう、COMPドリンクの値段設定。再度になりますが、コストがあまりにも高すぎです。

味に関しては、豆乳をベースとしているため割と万人受けする味です。

が、やはり全く受け付けられない人もいるみたいです。

腹持ちは完全食COMPパウダーとあまり変わりません。一気に飲む商品ではないので、一気に飲むCOMPパウダーと単純比較はできませんが、飲んだ後5時間程度でお腹が空いてきます。

もう1点残念なことに完全食COMPドリンクはトライアルセットが売られていません。なので購入するなら6本7,410円をポチらないといけないのですよ。味が合わなかった時のことを考えると、結構リスキーだと思います。

完全食COMPのコスパを総括!完全食COMPは”買い”なのか?

2年半も完全食COMPを摂取し続けている私が言うことには、完全食COMPは”買い”です。そりゃ買い続けているんだから当たり前なんですけどねwコスパ良いと思って買い続けています。

3種類のCOMPを比較表にしましたので、最後におさらいをしたいと思います。

1食の値段
(女性~男性)
食事時間 オススメする人
COMPパウダー 503~679円 5分 不味くはない コスト抑えたい人
COMPグミ 702~950円 数時間かけて 不味い 社内で人に合わない人
COMPドリンク 803~1087円 数時間かけて 不味くはない COMP飲んでるのがバレたくない人

完全食COMPは私にとって時短ツールとしての意味合いが非常に強いです。

ですので、費用と摂取時間の関係から「完全食COMPパウダー」を強く推したいです。完全食COMPパウダーがコスパ最高です。

これさえあれば、お弁当を作る時間や洗う時間、コンビニに寄る手間、くだらない上司のとの会話、お店に並ぶ時間、すべてをカットできることでしょう。

しかしながら、会社でグミをもぐもぐしても平気・移動中に食べるから平気、という人は完全食COMPグミを、水筒に入れてバレないように食事を採りたい、という人は完全食COMPドリンクを選択しても良いでしょう。

そして、値段以上に味には十分気を付けていただきたいです。

合わない人は本当に合わないので、完全食COMPを試してみようという人はできるだけ少量から注文をすることを強くお勧めいたします。

-時間短縮術
-,

執筆者:たぬ

              

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

オールインパスタ

日清の完全食、オールインパスタを食べた感想|コスパはどうなの?

2019年4月に発売された、日清食品のオールインパスタ。この食品を早速頼んで食べましたので、そのレポートを書いてみます。オールインパスタの味・値段・栄養、それぞれの点について解説をしていきます。 Co …

COMPグミとCOMPパウダー

完全食COMPを2年半続けた私がCOMPグミをレビュー|悲惨な結末

この記事では、完全食COMPのパウダーを2年半摂取続けた私が、新しく発売された完全食COMPグミを注文し完全食COMPグミのメリットとデメリットを検証しています。 果たしてCOMPグミは食事の代替にな …

ベースパスタ

Base Pasta(ベースパスタ)は本当にまずいのか?|コスパを検証

この記事では、ベースフードより発売されている「完全食・ベースフード」がどのようなものなのか、味・値段・栄養・そしてコスパについて考察をしています。 完全食Base Pasta(ベースパスタ)とは 完全 …


管理人の「たぬ」です。
株式投資・不動産投資・オプション取引をメインに日々最も安全かつ効率的な投資方法を模索しています。

どのように資産を増やしていくのか、具体的手法をお話していきたいと思います。