真面目に効率的に0から資産を増やす方法

安全安心確実に資産を増やす方法をお伝えします

時間短縮術

Base Pasta(ベースパスタ)は本当にまずいのか?をレビュー|コスパを検証

投稿日:2019年5月2日 更新日:

ベースパスタ

この記事では、ベースフードより発売されている「完全食ベースパスタ」がどのようなものなのか、味・値段・栄養・そしてコスパについてレビューをしています。

完全食Base Pasta(ベースパスタ)とは

完全食ベースパスタとは、ベースフード株式会社が製造販売していた「完全食」の一つです。

2019年9月18日追記

完全食Base PASTAは2019年7月に完全食BASE NOODLE(ベースヌードル)にリニューアルされましたので下の記事を参照お願いします。

完全食BASE NOODLE(ベースヌードル)の味と値段をレビュー|コスパは?

よろしくお願いいたします。

「完全食」を定義するのは難しいですが「単一の食事で必要な栄養素を全て賄うことができる」という意味だと思っていただければ問題ないと思います。

時間に追われる現代において、健康的な生活は生きていくうえで重要な要素の一つです。しかしながら、外食にせよ自炊にせよバランスよく栄養素を摂取することは時間の有効活用を求められる日々の生活では、それをクリアすることは難しいでしょう。

「忙しいけれども健康的な食事を摂りたい」という現代人の要望に応えるように現れたのが「完全食」であり、ベースフード株式会社が販売している商品の1つがベースパスタになります。

完全食Base Pasta(ベースパスタ)を実際に作ってみた

ベースパスタを注文すると、パスタとソース・そして小冊子が箱に入って届きます。

ベースパスタ中身

ベースパスタは生麺ですね。同じ完全食である日清のオールインパスタは乾麺で、茹で時間が6分かかりますが生麺なので時間が短縮されており、2分で出来上がるのはありがたいところです。

多めの水1ℓを沸かし、そこにベースパスタを放り込みます。

ベースパスタを茹でる

また、パスタソースの温め時間も2分ですので、同じお湯で温めれば調理時間はお湯を沸かす時間+2分でできてしまいます。

次の画像が完成したベースパスタです。どうでしょうか・・?市販のパスタと異なり、色が茶色をしています。栄養が入ってそうな気分になりませんか?笑

ゆであがったベースパスタ

茹で上がったベースパスタにソースをかければ完成です。

ベースパスタ完成

完全食Base Pasta(ベースパスタ)を調理した感想|味は・・?

さて、いくら栄養素が摂れると言っても肝心の味が不味くては話になりません。

さて、気にある味は・・

不味いですねw

市販のマ・マースパゲティの場合は茹でた後に何もつけずに食べても甘味があるのですが、ベースパスタの場合は甘味が無いです。「食べられないほど不味い」というわけではないのですが、「我慢すれば食べられなくはないかな」とう感じですね。

食感に関しても少しもちもちし過ぎというか、ゴムを噛んでるような感じで歯ごたえで、通常のパスタ麺とは大きく異なります。小麦粉をそのまま水で溶かして固めているような感じです。

市販のパスタって、歯でひと噛みすれば切れるじゃないですか?「プチ」っと。それが無いんですね。なので食感があまりよろしくないように私は感じてしまいました。

パスタだと思って食べるから悪いのかもしれませんが、「美味しい」という言葉を使用するのは違いますね。「食べられないほどではないけれども」、申し訳ないですが「まずい」です。

日清のオールインパスタもそれほど美味しくなかったですが、どちらかといえばベースパスタの方がまずいです・・・w

【完全レビュー】日清の完全食All-in-PASTA(オールインパスタ)を食べた感想|コスパはどうなの?

もちろん味覚は個人によって異なりますので、美味しいと思う方もいらっしゃると思いますのであくまで個人の感想ですが。

Twitterでも様々な声があがっていますので、貼りつけておきます。

 

中には美味しいとおっしゃる方もいらっしゃいますね。

完全食Base Pasta(ベースパスタ)の値段と調理時間

ベースパスタの値段と調理時間についてお話しておきます。

ベースパスタはパスタが1食390円(税込)で、ベースパスタ専用ソースが200円ですので合わせて1食当たり590円(税込)になります。

必要な栄養を摂取できて、1食590円というのはまずまずの価格なのではないでしょうか?

そして調理時間ですが、水1リットルを沸かす時間が6~7分、麺とパスタソースがそれぞれ2分茹でる&温めるのにかかりますので、調理の所要時間は10分程度となります。

調理時間に関しては手頃だと思いますが、「麺を茹でる」という行為が例えば職場などでは難しくなりますので、現段階ではあくまで「家庭用」ということになってしまいます。

完全食Base Pasta(ベースパスタ)の栄養

ベースパスタの栄養素については公式HPに掲載されていなかったのですが、ベースパスタのパッケージ裏に記載があるのと、ベースフードのブログに一覧表が掲載されていましたので転載させていただきます。

ベースパスタの栄養

BASE PASTA 145g中に含まれる栄養素は次の通りです。

栄養素 栄養素量(栄養素等表示基準値を満たす割合)
エネルギー 384kcal (17%)
たんぱく質 29.7g (37%)
脂質 7.3g (12%)
n-3系脂肪酸 0.7g (37%)
n-6系脂肪酸 3.3g (37%)
炭水化物 50.3g (16%)
糖質 40.9g
食物繊維 9.4g (50%)
亜鉛 4.0mg (46%)
カリウム 2.8g (102%)
カルシウム 281mg (41%)
クロム 3.6μg (36%)
セレン 27.5μg (98%)
5.4mg (79%)
0.5mg (54%)
食塩相当量 0.1g (1%)
マグネシウム 144mg (45%)
マンガン 2.9mg (77%)
モリブデン 28.0μg (112%)
ヨウ素 193μg (149%)
リン 388mg (43%)
ナイアシン 17.0mg (131%)
パントテン酸 5.7mg (119%)
ビオチン 23μg (46%)
ビタミンA 719μg (93%)
ビタミンB1 1.9mg (156%)
ビタミンB2 1.4mg (98%)
ビタミンB6 1.4mg (109%)
ビタミンB12 2.2μg (93%)
ビタミンC 85.6mg (86%)
ビタミンD 4.7μg (86%)
ビタミンE 7.6mg (121%)
ビタミンK 70.5μg (47%)
葉酸 332μg (139%)

1食で1日に必要な全てを摂取できてしまう栄養素もありますね。

また、栄養素によっては厚生労働省の定めるところにより1日に摂取してもよい上限を設けているものもありますが、仮にベースパスタを1日3回食べたとしてもその上限にはいずれの栄養素も引っかかることはありません。

この点は葉酸過剰になってしまう日清の完全食「オールインパスタ」よりも優れていると言えます。

Base Pasta(ベースパスタ)だけでは生きていけない

しかしながら、必要な栄養素を全て摂取できたとしても、それは生きていくのに必要なカロリーを賄えていることにはなりません。

ベースパスタの麺は365kcal、パスタソースはソースによって違いますが、今回の記事に使用した「今井シェフ特性ポモドーロ」の場合は132kcalです。合わせても497kcalしかありません。

人間が1日に必要なカロリーは2,000kcal程度ですので、ベースパスタを1日3回食べたとしても、約1,500kcal程度です。ベースパスタに肉や野菜を追加するなどの工夫が必要となるでしょう。

これはベースパスタには糖質と脂質が不足しているからなのですが、逆に言えばベースパスタを食べることはダイエットに適しているとも言えるでしょう。

完全食Base Pasta(ベースパスタ)のコスパは?

これまでベースパスタの味・調理時間・値段・栄養について書いてきましたのでまとめてみたいと思います。

調理時間 値段 栄養
不味い(個人的には) 10分程度 1食590円 必要栄養素は摂取できるがカロリー不足になりがち

コスパに関しては、味に目をつぶれは十分アリだと思います。

強いて言うならば、調理時間が「手軽」と言えなくもないのですが、例えば電子レンジで温めて調理できるようにすれば3分程度で完了します。そうなれば職場で麺を茹でるのが難しいような状況でも短時間に食事が摂れるため、重宝するのではないでしょうか?

そして何よりも味ですね。この点に関してはぜひ改良していただきたいと思います。

同じベースフード株式会社が発売している、BASE BREAD(ベースブレッド)についても記事を書いています。

【レビュー】完全食BASE BREAD(ベースブレッド)は買いなのか?|美味しさが改善された!

正直、パスタよりもこちらのBASE BREAD(ベースブレッド)の方がオススメです。

また今までに発売されている完全食を全て比較したページを作成していますのでご覧いただければ幸いです。

【全ての完全食を比較】完全食とは何か?完全食8種類を徹底分析

完全食に低コスト・低カロリー・高栄養を求めるなら

同じ完全食で低コスト・低カロリー・高栄養を求められる方、つまりは健康的にダイエットをされたい方やとりあえず栄養だけ急速補給できれば良いという方には、バランサー(BALANCER)をお勧めします。

1日(1食ではなく)あたり155~173円で必要な栄養素はほぼ摂取できる商品になっており、味は市販のバナナジュース程度には美味しいです。

完全食 バランサー 栄養補助食品 栄養やコスパをレビュー

参照いただければ幸いです。

-時間短縮術
-

執筆者:たぬ

              

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

完全食COMPとお金

完全食COMPは高いのか?ランチ代、毎月の食費と比較検討

完全食COMPが実際に1食いくらなのかは計算しなければわからない仕様になっています。 この記事では完全食COMPの1食あたりの値段と、その値段が平均的な食事よりも高いのかを考察していきます。 Cont …

ALL-in-NOODLES3種類

【レビュー】日清の完全食All-in NOODLES(オールインヌードル)を3種類レビュー|味とコスパは?

近年、完全食がブームになりつつありますが、ベンチャー企業からのみならず日清食品グループからも生きていくのに必要な全ての栄養を手軽に摂ることのできるAll-in NOODLES(オールインヌードル)が発 …

完全食Huel

完全食Huel(ヒュエル)の味とコスパをレビュー|条件を満たせば値段はクソ安い

この記事ではイギリス発祥の完全食であるHuelのレビューを書いています。 日本では近年多数の完全食が発売されていますが、とうとう海外の製品が日本でも発売されるようになりました。 今回記事にしたHuel …

完全食比較

【全ての完全食を比較】完全食とは何か?完全食8種類を徹底分析

この記事では日本で多数発売されている「完全食」を全て紹介しそれぞれを比較しています。 「完全食」と言ってもそれぞれに特徴があり、消費者の食生活や働き方、生活スタイルによってふさわしい「完全食」は異なり …

basenoodle

完全食BASE NOODLE(ベースヌードル)の味と値段をレビュー|コスパは?

この記事では2019年7月に発売になったベースフード株式会社より発売になった、完全食BASE NOODLE(ベースヌードル)を実食した感想を書いています。 Base Noodle(ベースヌードル)はB …


管理人の「たぬ」です。
株式投資・不動産投資・オプション取引をメインに日々最も安全かつ効率的な投資方法を模索しています。

どのように資産を増やしていくのか、具体的手法をお話していきたいと思います。