真面目に効率的に0から資産を増やす方法

安全安心確実に資産を増やす方法をお伝えします

会社員 社会保険料計算と節約法

会社員・サラリーマン(40歳以上)のために介護保険料の金額がどのように計算されているのかとその節約方法を解説

投稿日:2018年6月20日 更新日:

今回は40歳以上の方が対象となりますが、介護保険料の計算方法とその節約方法(安くする方法)を書いていきます。

介護保険料は、健康保険料と同じ仕組みで計算されますので両者は同じ理屈で節約をすることが可能です。

今後の高齢化社会へ向けて介護保険料は高くなっていくことが予測されます。介護保険料の節約を目標に、制度の理解を深めていきましょう。

年収が同じでも、介護保険料が同じとは限らない!介護保険料の計算方法とは

介護保険料の計算方法は、健康保険料の計算方法とほぼ同じですので、記事の内容が被ってしまうことをご了承ください。

サラリーマン・会社員の健康保険料がどのように決定しているか、その節約方法をわかりやすく解説

介護保険の制度概要

「介護保険料」名前は聞いたことがあるけれども、何なのか知らない。払ったことが無いので知らない。そのような方も多いのではないでしょうか。

介護保険料を支払う必要があるのは40歳以上の方になるので、40歳未満の人にはなじみの薄い制度ですね。

制度としては

  • 40歳以上65歳未満の人が、末期がん・関節リウマチなどの加齢を起因とする疾病により介護が必要になった時、介護サービスが受けられる
  • 65歳以上の人が介護や支援が必要な時、介護サービスが受けられる

ことを目的に、40歳以上の人から介護保険料を徴収し、運用されている制度です。

介護保険料の計算方法

さて、健康保険料と同様、毎月給料から差し引かれる介護保険料ですがどのような仕組みで金額が計算されているのでしょうか?

実は、会社が加入している健康保険組合によって、標準報酬月額の表が存在し、4月から6月の給与の平均によって介護保険料が計算されています。

下の表が標準報酬月額の表になります。等級がとても多いため、途中部分(赤線)は割愛させていただいております。

介護保険料

4月から6月の給与の平均が32万円だったとすると、下記の表で左から2列目、標準報酬月額の範囲が310,000円~330,000円未満に該当することになります。

すると等級は23で左から3列目の標準報酬は32万円となります。健康保険料と同様に、4~6月の給与平均が31万であっても、32万9999円であっても、計算の基礎となる金額(標準報酬月額)は32万円となるわけです。これを年に換算すると、「年収が同じであっても介護保険料が違う」ということになるのです。

給与が31万円以上33万円未満であれば、介護保険料の金額が全て同じになると言うのは歪んだ制度ですが、この歪みを利用して介護保険料を節約することが可能になります。

表に戻り、そのまま右横へスライドしていただくと、介護保険料が分かります。紫部分で囲んだ個所が該当し、1か月の介護保険料は1.5%の4,800円となります。(320,000×0.015=4,800円)

介護保険料は会社が半分負担してくれている

しかし、(健康保険料も同じ仕組みですが)介護保険料は会社と折半(半分以上負担してくれている保険組合もあります)されるので、給与から差し引かれる額は半分の2,400円となり、もう半分は勤めている会社が支払ってくれています。

年収が同じでも介護保険料の金額が異なるその他の要因

標準報酬月額の等級に幅があることから(上記の例では31万以上33万未満)、年収が同じであっても介護保険料が異なることがあるということは説明しました。

しかし、それ以外にも「年収が同じでも介護保険料の金額が異なる」理由が2つありますので簡単にお伝えしておきたいと思います。

加入している健康保険組合

会社員は、所属しいる会社の健康保険組合に加入し、介護保険料を給与から天引きされます。

そして、その健康保険組合によって介護保険料率は異なります。

住んでいる市町村

介護保険制度は地域保険です。現在住んでいる市町村が保険者として制度を運用しています。

都道府県ごとに人口構成の比率や、予防医療への取り組みが異なります。

高齢者の多い都道府県や疾病予防に取り組んでいない市町村にお住まいの場合、必然的に介護保険で賄わなければならないコストが高くなり、料率が上がってしまいます。

介護保険料の計算方法はいびつなので、節約できる方法が存在する

さきほど述べましたように、4月月から6月の。

ですので、この制度を利用すれば介護保険料を節約できる方法があるのです。

それは、介護保険料計算の基準となっている、4月から6月の給与を抑えることです。つまり4月から6月の残業代を抑えることによって、介護保険料を安くすることが可能になります

介護保険料は仮に23等級から24等級へ上がってしまうと、年間で3,600円の差額が出てきます。

健康保険料に比べて保険料率が安いためにあまり痛みを感じないかもしれませんが、これからの高齢化社会に向けて保険料は上がっていくことは確実です。実際にこの制度が始まって以来、保険料は上がり続けています。

また標準報酬月額表は等級が50で最大となるため、月収で135.5万円以上の給料を貰っている人は、それ以上介護保険料は上がりません。

ですので、それ以上給料を稼ぐことによって給料に占める介護保険料の割合を落とすことが可能です。

ボーナスを貰った時の介護保険料の計算方法

ボーナスを貰った時の介護保険料は、その額から1,000円未満の端数を切り捨て、保険料率を掛けた金額となります。

この標準月額等級だと1.5%ですね。

ボーナスの介護保険料は、4月から6月の給料とは関係なく計算されてその金額が決まりますので、残念ですが節約をする方法はありません。

介護保険料を節約する、具体的方法

今までの説明を踏まえて、どういった手順を踏めば介護保険料を節約できるのかを一覧にしてみました。

  • 保険証を確認し、自分が加入している健康保険組合の名称を知る。
  • 健康保険組合のHPへ行き、標準報酬月額表を確認
  • 3月の給料を貰っうまでに、このままだとどの等級に該当するか予測する
  • 4月から6月の残業代は、何月何日から何月何日までに残業した分が含まれるのかを確認する(給料の〆日が20日〆なのか末〆なのか、何か月前の残業代が当月支払いになるのか会社によって異なります)
  • 何時間残業すれば等級が上がるかを表を見て確認し、残業時間上限を決める。それ以上は残業しない、または申告しない。
  • 昇給が4月から6月にある方は、昇給分も計算しましょう。

手間がかかるように思われますが、この手順を踏むことによって介護保険料だけでなく健康保険料も同時に節約をすることができます。

是非とも一度お手元の健康保険証を確認していただきたいと思います。

介護保険料を安くする方法(節約方法)まとめ

  • 介護保険制度は、会社が折半してくれている。今後の介護保険料は上昇することが見込まれる。
  • 4月から6月の残業代を抑えることによって、介護保険料の金額は安くできる。

次回は社会保険料の1つである、厚生年金保険料の計算方法とその節約方法を解説します。

【会社員の社会保険料】厚生年金保険料はどうやって決まっているのか?その節約方法を解説【part3】

-会社員 社会保険料計算と節約法
-, ,

執筆者:たぬ

              

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

年収と社会保険料

サラリーマン・会社員用 年収別社会保険料の目安(早見表)

今回は社会保険料の概算額をサラリーマンの年収別に資産し、早見表を作成しました。 社会保険料は4~6月の給料に応じて決定されるため、年収で一律いくらという決め方はできません。 しかしながら、概算であれば …

残業と社会保険料と税金

会社員・サラリーマンが4月から6月に残業代を受け取ることで、社会保険料・税金・残業代の損益(手取り)はどうなるのか考察

今回は、会社員が4月~6月に残業代を受け取ることがいかに意味のないことかを解説していきたいと思います。 3カ月の間に残業代を受け取ると、社会保険料と税金の両方が上がることになります。どの程度の残業を行 …

厚生年金保険

サラリーマン・会社員の厚生年金保険料の計算方法と節約方法をわかりやすく解説

今回は、会社員・サラリーマンを対象とした厚生年金保険料の仕組み(計算方法)とその節約方法(安くする方法)を記事にしました。 厚生年金保険料は毎月給料から天引きされる保険料のうち、最も金額が高くなります …

健康保険料の計算と節約

サラリーマン・会社員の健康保険料がどのように計算されているか、その節約方法をわかりやすく解説

今回は、会社員が毎月給料から天引きされている健康保険料の金額がどのよに計算されているのか、そしてその節約方法(安くする方法)を記事にしました。 健康保険制度は相互扶助を目的としており、給料に応じた保険 …

社会保険料節約

会社員・サラリーマンが4月から6月の間に残業代を貰わなければ、社会保険料を月額いくら節約できるのか?

会社員の社会保険料は社会保険料・介護保険料・厚生年金保険料・雇用保険料がありますが、雇用保険料を除く3つの保険料はやり方次第で節約をすることが可能です。 今回の記事では残業代を削ることにより、年間でど …